きょうのダブルバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽっきり

嫁にブログの書きかけを消され、心が折れてしまいました。
...あした更新の続きをします。


スポンサーサイト

実用第一

以前嫁さんに運転させた時に擦られそうな予感がしたのと、
想像はしていたもののブレーキのダストが多くて
掃除がめんどくさくなってきたのと、
なんとなくおもしろそうだったので、

黒てっちん


はずしてみました。

マイナスドライバーでこじって...とか考えたのですが、
爪の位置を確認してちょっと引っ張ったら、
モニャッとした感覚であっさり取れました。
ただ、純正ホイールキャップのデザインは悪くないと思います。
あ、「てっちん」は標準語ですか?


ご飯を食べたら

千葉県野田市の「コメ・スタ」という
イタリア料理屋さんに行ってきました。
もともとは、ここのワークショップに出展していた
おおつかまきこさんとウチの嫁が知り合いで、
ギャラリーをのぞきに行ったついでに食べたピザが
大層うまかったと、ついてはもう1度食わせろ、
といういきさつでした。

確かにうまい。ボリュームも○。
スタッフの方をはじめ雰囲気が良く、満足できました。
ちなみに社用車?にはミツオカのビュートが使われてました。
せっかくのイタリアンの店なんで、新型チンクなんてどうでしょう。
実用性を重視するならフィアットのドブロとか...。

あと、いつの間にかオドメーターが1000キロを超えてました。


アンチ高機能

「消臭効果」とか「速乾」とか書いてある靴下は、
自分の足に合わないようだ。
滑る。


忘れてた

燃料入れてました。
ちゃんと言われたとおりにハイオクにしてます。
今回の燃費は12.3km/Lでした。
まずまずの成績ではないでしょうか。
このまま2桁台を維持すべく、経済運転に精進したいです。

他のカングーはともかく、最近の普通の1600ccの
MT車と比べてどんなもんなんですかね。
え、国産の新車で1.6Lのマニュアルって売ってないの!?


原チャリにあらず

すっかりいすゞの乗用車も見かけなくなったと思ったら、
ホンダのジャズでした。

クロスロードみたいに新型車の名前で復活したりして。
...すいません、あんまりイメージがありません。

近所に住む親戚がこっちのジャズを持っており、
たまに借りて乗ってました。
途中で雪に降られて、凍えながら帰った覚えはあります。


ベイビー・インプレッション

先日、1歳になったばかりの姪を
カングーに乗せる機会がありました。
そのときのインプレッションをお伝えします。

「うべ、だぁだあ、あぶぅ~、あぱぁ」
(後席の乳児用シートからという前提ではあるが、
やはり乗り心地の良さが強く印象に残った。
ロールセンターが高く揺れがあるものと予想していたが、
基本的にはフラットな姿勢を保ちつつ
路面からの強い入力に対してはしっかりと、
しかし不快感なく反応する点、非常に好感が持てた。)

「あびー、ぶじゅぶじゅ、んまんまま」
(これは175/65/R14というタイヤサイズも起因しているだろう。
試乗車はイタリア製のミシュランタイヤを装着していたが、
コンチネンタルを履く個体もあるという。
乗り味の違いがあるか興味深いところである。)

...ありがとうございました。
なにグラフィックの記事かと思いました。
あ、シートによだれが!!


違和感ゼロ

近所の郵便局へ出かけました。
普段見慣れている赤い郵便配達車のほかに、
白い軽ワンボックスバンが複数停まっていました。
駐車場に入れて、そういえば最近ゆうパックを運んでくるのは
ハイゼットばっかりだなぁとか思いながら
用事を済ませて帰ってくると...、

あれ、どこだっけ?

カングーは見事に営業車の中に溶け込み、違和感なし。
しばらく自分のクルマを見失いました。
本来のライトバンの姿を再認識した1日でした(強引な締め)。


お買物

ドライブがてら、茨城県水戸市にあるミニカーと雑貨の店
RIKSON」さんに行ってきました。

純正品のキーレスエントリーを外してからというもの
なんの愛想もなかったカングーの鍵に、
やっとキーホルダーがつきました。

ビバンダム、大地に立つ


定番です。カングーもちゃんとミシュラン履いてました。
また遊びに行きますので、店長さんよろしくおねがいします。

ついでに、嫁にこれを買わされました。

スペイン製消しゴム


こっちの買物の方が高くついた...。


白青

「カングー、青くない?」

いきなり言われました。
どこかのペンキでもついたのかと一瞬驚きましたが、
どうやらボデーカラーが青っぽく見えたようです。
たまたま隣に停まっていたのがパールホワイトのクルマで、
これと比較したら青っぽく感じられるかもしれません。
「純粋な白」と「純粋な白にほんの少し青を混ぜる」を並べると
人間の目には「純粋な白」の方がくすんで見える、
というような話を聞いたことがあります。

自分はわりと積極的理由でグラシエホワイトを選びましたが、
正規輸入された06モデルで設定された6色というのは少ないですね。
07モデルは10色用意されているようなので(要確認)、
どんなものか楽しみにしたいと思います。

あ、おすすめです。
社団法人日本自動車工業会「JAMAGAZIN」2000年5月


やられメカ

先日見ていた某特撮ヒーロー物の番組の中で、
以前自分が乗っていたのと同じ型のクルマが
悪の怪人の手で木っ端微塵に破壊されていました。
CG処理でなく生爆破だったのがまだ救い(←なんの)でしたが、
そこはかとなく悲しくなりました。

ここから展開ですが、カングーもこんな目に会うんでしょうか?

本国では発売から10年経ち、そりゃポンコツになった個体も
できてくるはずですよね、ましてや商用車だし。
フランスに特撮物があるかはよく知らないですが、
まぁアクション系のドラマや映画は製作されていますし、
カーチェイスのシーンで派手につぶされてそうですね。
主人公が乗り込んで逃走車を追跡!
犯人の発砲を軽快なステアリング操作でかわして行く!!

...その巻き添えを食らって画面の端で横転。
そんなイメージです、すまない。
どなたかカングーがやられているシーンをご存知の方、
ご一報ください。


変形

最近、手の爪の甘皮が減ってきてるんですが...。


よっ

すれ違いざま、対向車線から走ってきた
アルプブルーのルノースポールに右手を挙げられました。
60歳近くの割と品の良さそうなおやじさんで、
助手席には奥さんらしき女性を乗せていました。
はて、知り合いいたっけと思いつつ反射的に返したのですが、
「同じルノー車」ということであいさつされたんですかね?

空冷のヘンなクルマに乗っていたときは、
信号待ちで並んだ旧型ビートルのオーナーさんにいきなり
「夏場はパーコレーション起こしませんか?」などと
声をかけられたりした経験はあるのですが、
どうやらカングーも「話しかけられる系統」
になりそうな気配がそこはかとなく漂ってきます。

しかめっ面されて通り過ぎるクルマよりかナンボもましですね。
パーコレーションはたまに起きてました。


救世主!?

ぶーぶー言ってると異音が消える!...わけもなく、
買ってきましたトルクスのソケット。

T20トルクスソケット


間違いなく在庫がある専門店で購入したのですが、
別の買物ついでに寄った某オートバック○でも売ってました。
しかも15円安かったのがちょっとくやしいです。

あちこち「締めがい」がありそうな車内です。
適正トルクを守りましょう。


2戦目

やっと使えた「球拾い」カテゴリです。

鎌ヶ谷ファイターズスタジアムで行われたイースタンリーグ公式戦、
北海道日本ハムファイターズ対東京ヤクルトスワローズの
第5回戦を観戦してきました。

同じ鎌ヶ谷で3月に開催された1軍のオープン戦に行っていたので
今シーズン2試合目の野球観戦ですが、
行きなれた2軍の試合なのでやはり落ち着きますね(笑)。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
F5得点のうち相手エラー&犠牲フライ&内野ゴロが4点、
対するYSもなんだかんだでランナーは出るけど点が入らないと、
いまいち消化不良な感じが否めない展開でした。
F3番手の北海道出身ルーキー植村は雰囲気あり。

春の鎌ヶ谷


2/200

反対車線のいちばん遠くに、ステルビオを確認!
伝説の日産車じゃないですか! ...ヘンなミラーの。

自分がガソリンスタンドでアルバイトをしていたとき、
店の前にあったフランス料理屋さんの駐車場に、
赤と黒の2台のステルビオが並んでいたことを鮮明に覚えています。
たぶんオーナーではなくお客さんのクルマだったと思うのですが、
限定200台のうちの2台が揃っていたんですね。

あまり新車には詳しくなかったスタンドの店長には、
「1800万ですよ、中身レパードですけど」と
身もフタもない説明をした記憶があります。


お買物メモ

KTCの6.3sqのT20トルクスソケット、
メーカー希望小売価格970円。


一部輸入車

国産車ではよくあるナンバープレートフレームですが、
カングーにはディーラーオプションの設定がありませんでした。
本来のナンバープレートを曲げないという効果に期待して、
実際のところ在庫処分で通常店頭価格の半額以下だった
お買い得品があったんで、汎用品を1セット購入していました。

自分はどちらかといえば「取扱説明書LOVE」なタイプで、
パッケージ記載の取付方法は読んだ上で確認したのですが、

「一部輸入車には取付できません」

に該当していました。
フロントは何の問題もなく装着できましたが、
リアはナンバーを固定しているプラスチック製の爪が当たり、
うまい具合に合ってくれませんでした(微泣)。
よし、こんなときはいつものように...、

見なかったことにします。


早く買わないと

茨城県土浦市にあるルノー茨城南から、
カングーの限定車が発売になっています。

確かに非常にお買い得感高し。
07モデルを検討されている方がいらっしゃるかもしれませんが、
条件付きで良ければおいしい話も転がってますよ。


酸味をくれ

なんで甘くなっちゃったんだよ「ポンジュース」!


カングー、潮風に当たる。

きょうは、早起きして投票に行った後、
そのまま2時間半ほど足を伸ばして海を見てきました。

カングーと海


出掛けの予報ではくもりとか言っていたのですが、
思ったより晴れて汗ばむくらいでした。
靴を脱いで水際をはしゃぎまわっているお子様もいましたね。
ただ、早くも紫外線は強そうです。

比較的流れの良い平坦な道を走れたせいか、
今回の燃費は6.7L/100k(車載モニター数値)。
ってことはリッター14.9キロですか。
今後ともこんな数値がコンスタントに出ればいいのですが...。

きょうのビビリ音:中程度(薄泣)。泣くなら増し締めしろって。


フル乗車

きょうは、初の定員フル乗車に挑戦してみました。

とはいえ、体重100キロのゴツい男が5人も乗ったわけではなく、
ほぼ標準体型のドライバー以外はすべて軽量級、
しかも荷物はバッグ1個と買物袋2個という、
荷車カングーにとってはたいしたことない状況でしたが。

商用車はある程度荷重がかかったほうが安定するなどと聞きますが、
乗り心地もブレーキもハンドリングも
ドライバー1名状態とほとんど差は感じられませんでしたね。
市街地に建てられたショッピングモールなどの
1台あたりのスペースが比較的小さい駐車場では、
ダブルバックの便利さがつくづくわかりました。

あ、ビビリ音がしなかったんだけど...。


業務用?

雨→晴→風→雨→曇で、クルマのガラスがかなり汚れました。
初めて本格的にカングーのウォッシャー液を噴霧してみました。

...マジックリン(業務用)のにおいがします。

業務用と家庭用の区別がよくわかりませんが、
とにかく界面活性剤らしきにおいが室内まで漂ってきました。
メーカー純正、工場封入のモノだと思われますが、
汚れ落ちは強力そうです。


パッチン留め

正規輸入のルノー車にお乗りの方は良くご存知でしょうが、
ウチのカングーにも例のキーレスがついております。

評判悪し?


例によって、例のことをしてみました。

アルミホイルやリード線を使っているオーナーさんも見られましたが、
自分の場合は使わなくなった髪留めのようなもの
(嫁曰く「パッチン留め」が正式名称とか)を再利用してみました。
ベース部分のプラスチックのモールドに合わせて
ラジオペンチでちょっと曲げたら完成。ハンダ付け不要。
電池代の294円で効果絶大。

...良い子のみなさんは国内法を遵守しましょう。


気色悪い?

最近の役場の電話対応、不気味なくらい愛想がいい。
新人さんでもなさそうだったんだが...。


見なかったことに

納車早々発生した低級音(ビビリ音)ですが、
サイドのオーバーヘッドコンソールボックスが怪しいです。
たぶん運転席側。
ま、とりあえず見なかった(聞かなかった)ことにしよう。

ネジの増し締めか、隙間テープを貼るぐらいで
おとなしくなってくれることを切に願います。


ようこそ

代車ネタでお茶を濁してきましたが、とうとう来ました。

世話になる


ナンバーを消したらなんかイメージが違いますが、
まだ「つるし」の状態です。
いきなり室内からビビリ音がしてます(薄泣&半笑)。
...いろんな意味で楽しめそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。