きょうのダブルバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍隊式トレーニング

ただいま隣で嫁が「ビリーさん体操」をしていて落ち着きません。
...いつの間に買いやがったんだ!?


スポンサーサイト

カングー入院

先日やってしまったドア&フェンダーの板金に、
カングーは旅立って行きました。

パッと見はたいしたことないが、主治医からは
「自腹だからまだしも、保険使うようなケースだったら
ドアパネルは丸ごと交換しちゃうかもしれないぐらいのダメージだね。
正直このクルマはまだやったことないので、
とりあえずサイドモールを外して様子を見ます」
という診断をされました。全治10日~2週間。

で、その自動車屋さんの近くに新しくできたコンビニの駐車場に
カングーが停まっているのを発見、フラフラと入ってみました。
開店したばかりということもあって、チェーンストア本部から
ヘルプにきていた社員さんの自家用車でした。
03だか04モデルの黄色、しかもMT車。
お話を伺ったところ、前はクリオRSに乗っていたとか。
いいクルマですよー、うるさいけど(笑)というのがカングーの感想。
え、クリオのRSってそんなに静粛性が高いんですか!?



6戦目

千葉県営天台球場で行われた第78回都市対抗野球千葉県大会決勝、
かずさマジック対JFE東日本を観戦してきました。
プロ1軍オープン戦→2軍公式戦→社会人野球の予選と、
どんどんお客さんの数&知名度が少なくなっていってますね。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
おぉ、「このへん」リンクが使えるとは思ってなかった(笑)。
9回表、かずさは#25鬼崎のライトオーバーの2ランで追いついたが、
その裏にJFEの#5阪口がライトオーバーのサヨナラヒットで決着。
地元から駆けつけたかずさ応援団のみなさん、残念でした。

にっぽんスチールGoGoGo


JFE先発の#11三橋は終盤バテて6回2/3で交代したものの、
相変わらず安定したピッチングでした。
かずさはチャンスでの併殺や牽制死で流れをつかみきれなかった印象。
オールド社会人野球ファンの検索ワードにかりそうなネタとしては
「新日鐵マーチ」がかずさマジックのチャンステーマとして
使われているのがわかったのが収穫。

で、明日からカングー入院です(さりげなく報告)。


そりゃやっぱり

この時期のカングー乗りの一番の話題はこれでしょう。

2007モデル正式発売。

ある程度ディーラーさんで事前情報は聞いていたものの、
06モデルユーザーとしては気になります。
ボデーカラーが増えて、シート柄が変わってぐらいですか、
あんまり変更点ないですね。

地味にオプションの点数が増えているのが惹かれます。
とりあえず、現車の確認に行きたいと思う次第。
しかしその前に行かねばならないところがあるのだった...。


農作業仕様?

還暦を過ぎたウチの父親をカングーに乗せた際、
「どこかで似たような音を聞いたことがある」と言われました。

それは例のオーバーヘッドコンソールから流れるビビリ音か
ナビの取り付け金具がプラスチックに当たるカタカタ音か
アンテナを換える前から入るラジオのノイズか
はてなんだろうと首をひねっていたら、
ウインカーの作動音が該当したようでした。

なんでも今乗っているクボタのトラクタのウインカー音に似ていると。
そうですか、ルノーとクボタは共通部品を使用しているんですか?
ウインカーリレーが原因でリコールがかかった場合、
日産車&ルノー車&クボタ車が該当車種として公表されるんですか?

そこまで部品調達費用の削減を図っているとは思いませんが、
それはそれで大変おもしろいので許す。


名前がイイ

珍しく?現行型の珍車報告です。
三菱トライトンを三菱ディーラー近辺で。
何か異様に威圧感があったんですが...。

「今までのクルマに飽き足りないあなたへ」と書かれてますが、
これの下取りにストラーダを充てたオーナーさんは日本に何人いるんでしょうか。
あと、乗用車のラインアップに並べられていますが、
商用車登録になることをもっと大きく表示した方がいいと思います。


毎回とばされる

なぜかたびたび別のネタに押されている給油報告です。
今回の燃費は12.2km/Lでした。
遠出はあまりなく、一番多くなるであろう通常の町乗りでこの数値。
エアコンのスイッチもボチボチ入り始めました。
ちゃんと空気圧調整もしてます。タイヤ異常なし。


5戦目

日付的にはきのうの20日になりますが、
鎌ヶ谷ファイターズスタジアムで行われたイースタンリーグ公式戦、
北海道日本ハムファイターズ対東京ヤクルトスワローズの
第5回戦を観戦してきました。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
天気は良かったのですが風が強く、
お約束のフライを落とすシーンが見られました。

イースタンリーグ開催中の鎌ヶ谷ファイターズスタジアムでは
試合前やイニングの間など趣向を凝らしたイベントを多数用意して
お客様のお越しをお待ちしているのですが、参加してみました。

バックスクリーン遠い


グラウンドで行われたベースランニングの付き添いで、
フィールド内に足を踏み入れてみました。
本人はまったく関係ないのに、なんか感慨深かったです。

で、この数時間後にあの悲劇(↓)が起きるわけですね。


ネタのために

不覚!


いきなりの恥ずかしい画像をお見せしました。
納車して2ヶ月も経たずにやってしまいました。
助手席側スライドドア&フェンダーです。
特売のコーンフレークが買えたと喜んだスーパーの駐車場で、
車止めのポールにヒットしてみました。
耳に「がきゅぅ」という音が残っています。
写真ではわかりにくいですが、微妙にへこんでいます。
ドアやリアウインドウ、給油口の開閉には問題なし。

運転手さんの心はさらに大きくへこんでいるようです。
とりあえず、スライドドアモールが部品代だけで2万を超えると聞き、
いい板金屋さんを探して旅に出ようと思います。


今は何に?

先日プロ野球選手の愛車について能書きをたれましたが、
それでちょっと思い出したことがあります。

現在では所属チームを、いやリーグを代表する、ついでに
オリンピックに日本代表にもなった某在京球団のキャッチャーが
まだ4番手ぐらいのポジションで、2軍で経験を積んでいた頃の話です。

そうは言っても同年代のサラリーマンなんぞ足元に及ばないくらいの
高額年俸や契約金をもらっていたはずですし、
さらに若い同僚は高級外車を乗り回していた(←いやな言い回し)時期、
その捕手は中古の初代プリメーラに乗っていました。
もともとボデーカラーはダークグレーだかシルバーだかで地味だし、
なんとなく薄汚れているしあちこちぶつけた跡もあって
正直当時はプロなのに夢がないなぁと思ったりもして、
鎌ヶ谷で球場の出待ちの時に冗談半分で聞いてみました。

「いやぁ、確かにポンコツっすね。でも、クルマで遊んでる時間があるなら
その分練習しといた方が自分のためになりますから」。
そう言って自分の用具をトランクに積み込みました。

今年の年俸は1億円(推定)の大台に到達したその選手、
今は何のクルマに乗っているんでしょうか。
有名になりすぎて出待ちの時にゆっくり話をすることは叶わないですが、
あのプリメーラはいつまで乗っていたのか、今度はそれを聞いてみたいです。


○と× その2

さて、○と×その2です。
今回は(一応)ファーストドライバーの自分の意見を。

○ 必要にして十分な性能。
MT車を選んだのも大きいですが、必要なときに必要な分
自分が思ったとおりに走って曲がって止まってくれる点。
想像以上に燃費も悪くないです。

○ フラットかつ落ち着いた乗り心地。
乗車人数や荷物の積載量、路面状況にもあまり左右されず良好な乗り心地。
いい意味で背の高さをあまり感じさせないですね。
地味なところで最低地上高が結構あるので、ダートにも強いぞ!

○ 使い勝手の良い装備品。
元が商用なんだから当たり前ですが、「これを入れてね」というより
「これも入るよ」的に使い道を限定されない収納。
オーディオのサテライトスイッチはアホみたいに重宝してます。

× もう少し欲しい調整代。
シートの上下調整と、できればステアリングのチルト&
テレスコピック機能があればドラポジが取り易くて良いのですが。
8ウェイパワーシートとか4人分のポジションメモリーとかはいらない。

× 違和感が消えないブレーキ。
利きに文句はないが、どうにも違和感が残るブレーキフィール。
停止直前に引っ張り込まれるというか...。
ダストもすごいですよー。

× トヨタだったら出荷されないだろう細部の仕上げ。
室内でむき出しになっている塗装の表面とかプラスチックのバリとか、
国産車だったら品質管理部門から担当が飛んでくるような雑さ加減。
気にならないなら問題なし。走るし。

総括 「細かい部分が気にならない変わり者には薦められる」

以上のようになりました。
なんかあんまり盛り上がりませんでしたね。


かっとばせカングー

いくつかの新聞社や雑誌社から、プロ野球選手名鑑が発売されています。
自分が愛用しているベースボール・マガジン社の
プロ野球カラー名鑑2007」には載っていないのですが、
選手の愛車を書いてあるものもあります。

プロスポーツ選手のお約束で「ベンツ」が多く見られるのはもちろん、
足が自慢の選手が「ポルシェ」「スカイライン」とか
地味だけど評価が高いコーチが「ボルボ」「サーブ」とか
本人のイメージとぴったり合っていたりまるっきり逆だったり、
実際の球場で試合前に練習の音を聞きながらこの項目を眺めているのは
至福のひと時だったりします。

ルノー車に乗っているプロ野球選手がいない。
ルノー・ジャポン、このへんはマーケティングの狙い目な気がするぞ。
「ルノーのカングーってライトバンに乗ってます」とか
インタビューに答えた選手を知った日には
横断幕とか作って無条件で応援するのになあ。


バッタもん

おい、電波時計がズレるってどういうことだ!
ちゃんと受信マークはついているのに!!


ポリースマーン

ただいま、春の全国交通安全運動期間中です。
試しに要綱を全部読んでみましたが、頭痛がします。

日曜日、カングーで片側1車線のバイパスを走っていました。
普段は合流地点で渋滞が起きがちなのですが、車列の最後尾につき、
比較的順調な流れに乗っていました。

するといきなり目の前に、黄色い旗を持ったポリスマンが!

そりゃ制限速度をオーバーしたのは間違いないけど、
違反者みんなが言うであろうなんでオレだけ!?
そういや歴代のクルマで1回は検挙されてたよなぁ、
カングーでもその伝統を引き継ぐことになるのかいな、
...といったことが一瞬の間に思い浮かびました。

ポリスマンはこちらには一瞥したのみで、
自分の後ろからえらい勢いで追い上げてきたオデッセイを指差し、
ポリスカーやポリスバイクが整列している側道へ誘導しました。

それにしても心臓に良くないです。
某県警のポリスマンさん、道路への飛び出し幅が大きいです。
そのうち轢きそうで怖いです。
改善を求む。


経過報告

以前お伝えした謎の生物は、居座ったときと同様
いつの間にか巣立って行きました。
もちろん後片付けは管理人さんがせざるを得ませんでした。

実用第一で取り替えたルーフアンテナは、
本来の機能であるラジオの受信感度がいま2ぐらいに低下したので、
もう1段階長いものに付け替えてみました。
ただでさえあまりラジオの評判が良くないルノーの車載オーディオ、
それでもダメなら純正アンテナに戻すことも辞さず。
なぜならAMラジオLOVEだから。


指揮官仕様

カングーのアンテナはネジで屋根に止められています。

ビフォー


多少角度調整は利くのですが、ルーフと接触するギリギリの位置まで倒しても
全高よりかなりはみ出てしまい、苦労させられることがありました。

これは実車が来る前から懸念されていたことだったので、
なんとかならんもんかのうといろいろ調べてみました。
「M6のピッチ1.0」というサイズが結構曲者でして、
国産だと初代インプレッサぐらいしか該当しませんでした。
富士重工なら部品の取り寄せは可能だったのですが、全長が405ミリと
今ついているのと変わらないではないか!と。
ならばと輸入車まで範囲を広げてみれば、最近のプジョーシリーズとか
メルセデスの排気量小さめのとかが同サイズだそうで、
このへんに合う社外品でも探してみるかなどと思っていました。

じゃあ端から輸入車ディーラーでも巡ってやるか!と考え、
ドライブがてら足を伸ばして最初に向かったのがフォルクスワーゲン。
これこれこういう理由でしかじか...と話をすると、
「あ、少々お待ちくださいね」と作業場に消えました。
しばらく待つと、ちょっとだけ埃を被ったブリスターパックを手に
チーフメカさんが戻ってきました。

ユーロ高


以前サンプルとして1個だけ仕入れたのだが、こちらの地域では
このような製品へのニーズがなく、ぶっちゃけ放置されていたと。
見た目は少し汚れてますが、これで良ければと。
写真では見切れてしまっていますが、M5とM6の両方のネジが付属、
ついでに本体の長さも3種類で調整が利くもの。
がっつり最初で最後の在庫の品を頂戴しました。
金5040円。

アフター


装着後はこんな体になりました。これで中間サイズ。
肝心の受信感度も駐車場では大きな低下は感じられませんが、
ダメだったらもう1段長いのに付け替える予定。

ありがとうフォルクスワーゲンのチーフメカの矢野さん。
クロスポロはちょっと欲しくなった。
これでやっと我が家のカングーも、通信機能を強化した指揮官機として
ミニカーと雑貨とガンプラの店リクソンさんに認めてもらえますか?


○と× その1

NAVI」の発売は毎月26日ですが、納車から1ヶ月を過ぎ、
ここらでカングーの○と×を記録しておこうかと。
自分では客観的な意見が出にくいかと配慮し(それはそれで後ほど)、
まずは主に助手席&後席担当、嫁さんのインプレッションを。

○ 室内が広くてあずましい。
「あずましい」って何だ!?という方が大多数を占めるでしょうが、
北海道弁で「居心地がいい、ちょうどよい」の意味です。
英語では「comfort」を選ぶと適切だそうな。
こっちのコンフォートとは関連はなさそうです(やると思った)。

○ シートが凝ってなくて良い。
なんかニュアンスがわからない部分もあるんですが、
サイドのサポートが出過ぎてないとかそのへんみたいです。

○ 視界が良く心理的に運転しやすい。
各ウインドウが四角くて見やすく視界が良い。
ボデーの感覚がつかみやすいので心理的にも運転しやすい。
嫁さんの実家は一昨年、旧型カローラフィールダーを購入したのですが、
それからの乗換えでも問題が少なかったと驚いてました。

× 室内から異音がする。
懸案事項のビビリ音のほかに、パワーウインドウの閉め切り直前の
「きゅうっ」ってのが閉まりすぎなんじゃない?だそうです。

× 不親切なダブルバック。
オーナーさんには当たり前で申し訳ないんですが、
ダブルバックには開ける(閉める)順番があります。
左側を先開け、右側を先閉め、これ守らないと惨劇が起きるのですが、
そのろくでもない事態を起こしそうで心配だと。
セイフティ機構とかゴムのプロテクターとかついてないの?だって。

× やっぱり国産車とは違う操作系。
右ハンドル輸入車では避けるのが難しい「左ウインカーレバー」問題、
わかってはいたが慣れないと。
しかもマニュアル車なんで、交差点ではとっちらかるらしい。
シートバックの調整ノブが硬くて動かしにくいとの意見も。

総括 「トヨタの店に置いてあったら今の10倍は売れる!」

以上のようになりました。
いかにも購入検討中の方の検索に引っかかりそうな内容。


難を逃れた、か?

全国的に荒れ模様の天気のところが多いようですが、
みなさまお住まいの地域はいかがでしたでしょうか。

おかげさまで「ひょう」が降ったそうです。
数珠玉ほどの大きさのものが落ちてきたと聞きました。
カングーは本日休場だったのですが、幸い被害は免れた模様。

数年前、うちの近所はものすごいひょうに襲われ、
自動車ディーラーさんのプラスチック製の大看板は砕け、
中古車屋さんの店頭にはボデーベコベコの雹害車が並び、
新車のインテグラのタイプRを買った知人は
車両保険で屋根のほかになぜかマフラーが治っていたりと、
それはそれは大きな影響が出たものでした。

どんな高張力鋼板を使っていても、これにはかなわないですな。


ジョンソン

やっぱり救急絆創膏は「バンド・エイド」が一番もちますかね。
もう少し安価にて提供されたし。


脱皮寸前!?

今、カングーの助手席側のスモークバイザーの根元に、
こんなのが住み着いています。

リアルニャッキ


毛虫が巣をつくっています。
先週ぐらいか、フロントのワイパーのあたりを
ヘコヘコ動いているのは確認していたのですが、
いつの間にか居座っていやがります。
チョウもガもあまり得意ではないのですが、
無闇に邪険に扱うのもなんだし、このまま放置することに決定。

それにしても何が出てくるんでしょうか?
来年になったら倍になって戻ってくるとかはないですよね?
もしくは夜中に触覚のついた娘さんが部屋を訪ねてきて、
「助けていただいてありがとうございます。
ぜひとも先日のお礼をさせていただきたく(以下略)」。

そんな状況はイヤだ。なんだ触覚のついた娘さんて。


拷問シート

信号待ちでスバルのヴィヴィオTトップの後ろにつきました。
いやー、いつ見てもよくできたルーフですね。
そろそろ雨漏りに苦労しだしそうですが。

自分が某富士重工のクルマを購入した時期と、
このTトップの発売が重なっていました。
ディーラーさんの展示車両の運転席をスルーして後席に座り、
「狭い(笑)」と文句を言った覚えがあります。

初代バラードCR-Xの後席か、GV型?カペラカーゴの3列目と並ぶ
「80年代以降国産車狭いシートランキング」に登場するのではないかと。
ま、Tトップだけクラスが違いますね。


物持ち○

カングーの荷室にはカーゴフックがあります。
高級なアルミダイキャスト製のフックが光輝くわけもなく、
何の愛想もないスチール製のリングが埋めてあるだけですが、
「ワゴン」「カーゴ」「バン」「エステート」「アバント」
「バリアント」「ブレイク」「ツアラー」「エクスプレス」
といった名前がつく車には必須の装備ですね。

フックがあるんだからネットをつけねばなるまい。
緊急時のキャビンへの物の飛び込みを防ぐのはもちろん、
交差点を曲がるたびに後ろの荷物が動いて
ゴソゴソと音がするのは大変落ち着きません。
ただでさえミシミシ音がしているというのに(微泣)。

ドッグネットやセパレーションブラインドは設定があるものの、
「網」というオプションは無し。
ちっ、ルノーロゴでも入っていればハンコを押すときに
おまけにつけて(はぁと)とおねだりしてたところが...。
そのうち汎用品でも買ってくるかな、などとモタモタしていたら、
最初に買ったクルマに装着していたではないか!

倉庫の奥を探すこと15分、見つけました。
ほこりを被った富士重○純正のカーゴネット。
荷室とキャビンをわけるタイプではなく要はフックの付いた網ですが、
そのうち何かに使うだろうと思っていた「そのうち」が
ようやく訪れてくれました。
早速活用しております。

またひとつ「物が捨てられない病」が進行するな。


また忘れてた

燃料入れてました。
今回は14.0km/Lでした。
やはり普段も割とスムーズに流れてた+
3割ぐらい高速道路走行がいい方向に働いているかと。
慣らしがほぼ終了したのと、そろそろエアコンを使い始めるので
どれぐらい変化するもんでしょうか。

近所のガソリンスタンドはハイオクが131円/L(店頭表示)と
全国平均よりはかなり安めだとは思うのですが、
燃費がいいに越したことはないですからね。


4戦目

鎌ヶ谷ファイターズスタジアムで行われたイースタンリーグ公式戦、
北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズの
第3回戦を観戦してきました。

世間では大型連休の後半真っ盛りということで、
2軍なのに2000人以上(5回終了時、入場口係員さん情報)の
観客が詰め掛け、何か微妙に居心地が悪かったです。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
点差以上にマリーンズ選手の絶不調さが深刻そうです。
さすが勝率が.200を切るだけのことはある。
このままCクラス(注:イースタンリーグは7チームで構成)で
シーズンを終わらせる気なんでしょうか。

来るたびごとに思うのですが、マスコットのカビーの
一所懸命さには頭が下がります。
球場正面のお出迎えボード。

鯉をしとめた小熊



謎の物質

カングーをいつも停めている近くに梅の木があります。
枝の先端が地面から2メートルぐらいの高さで、
そのうちアンテナか屋根に影響が出てくると予想されます。

それはさておき、その梅の木の下に一晩置いておいたところ、
ボンネットに謎の物質がこびりついていました。
飴色といえば聞こえはいいのかもしれませんが、
なんか茶色っぽくてものすごーく硬い。
ウエスで擦ってみたがダメで、水をかけてもダメで、
爪楊枝でつついてみてもダメ。
最終的にぬるま湯をかけながらプラスチックのヘラでこそぎ落として
ようやくきれいになりました。

たぶん樹液が付着したんだと思いますが、
あんなにガチガチに固まるやっかいなものだとは知りませんでした。
とりあえず今回は塗装面へのダメージは見られませんでしたが、
手当てが遅れると鳥糞とか虫死骸クラスの被害が出るらしいですね。
これからの季節は特に直射日光を嫌って日陰に置きたくなりますが、
長く乗るためにはちょっとだけ気をつけたほうが
いいのかもしれませんね。

あー、なんか普通のクルマコラムのまとめ方だ。


もうひとつ見つけた

ただいま黒鉄チンむき出しのカングーですが、
もうひとつメリットを発見しました。
それは...

空気圧の調整が楽。

別にホイールキャップがついていてもやりますし、
バルブがブレーキのダストで汚れているのも変わらないんですが、
気軽に空気圧をみてやろうかという心理にさせられます。

自分は「タイヤおた」の自覚症状があるので、
ちょっとこれが欲しいです。
リクソンさんで仕入れてもらえないでしょうか(笑)。


3戦目

正確には「きのうの球拾い」になりますが、

横須賀スタジアムで行われたイースタンリーグ公式戦、
湘南シーレックス対東京ヤクルトスワローズの
第3回戦を観戦してきました。

第11回よこすかカレーゲームということで、
カレーの大盤振る舞いがなされていました。
ご相伴に授かれ、魚藍亭レトルトカレーが当たりました。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
序盤はお互いにモタモタ、中盤はお互いにあっさり、
終盤はお互いにグダグダな展開でした。

スワローズ#56山田裕司が投手登録なのに代打で出場、
前進守備のセンターの頭上を越えるダメ押しの3塁打を打ったり、
シーレックス#27山北茂利が新発売のバイオガソリンでも入れたのか
リリーフ登板で派手に燃え上がったりと、
「これぞ2軍」というファンタスティックな試合内容でした。
これだからファームの球場通いはやめられませんな。

駐車場にスワローズの移動バスが停まっていましたが、
ずっとアイドリングしっぱなしだったのが気になりました。

新型日野セレガ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。