きょうのダブルバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛び込めっ

ぼちぼち発生するエンジン始動不能&アイドリング不調。
購入したディーラーさんに持ち込もうと電話したら、
「本日メカさんは研修でいないんですよー。」ということでした。

ま、来週は連休だしドライブがてら行けばいいかと思いましたが、
買物に行く途中でまた息継ぎ感が強く出てきました。
朝から結構な量の雨が降り続く中、
ラジオの交通情報でおなじみの渋滞の名所で立ち往生したとなれば
後続車両への影響は計り知れないと判断、
そのまま家から一番近いルノーディーラーさんに直行することに。

とはいえ、部品の手配などをしているわけでもなく
ましてや事前に購入したディーラーさんにも連絡しているので、
とりあえずテスター診断をしてみましょうと。

結果、テスター上で原因は特定できず。
さらにメカさん泣かせの「見ているときに症状出ず」でした。

ルノー車お約束、TDCセンサーのトラブルならログが残るはずだし、
症状の内容から見てもここではなさそうだと。
となるとスロットルコントロールがうまく働いていないのかなと。
スロットルバルブのエアの通路が汚れているかもしれないので
外してきれいに掃除してみるか、
もしくはクランク角かエアフローかスロットルポジションか、
このへんのセンサー類がぐずっているのではないかと。

現時点でできることは限られてきますが、
気持ちアイドリングが高めになっているようなので
そのへんも含めてコンピューターの再設定(初期化)をしてみます。
これで持ち込む途中に停まるようなことは無くなると思いますが...、
というようなことをやっていただきました。

店舗ができて約1年、店長とメカさん1名ずつの日産併設店でしたが、
飛び込みにも関わらずていねいに対応してもらえました。
ありがとうございました。


スポンサーサイト

1ヶ月のごぶさた

とりあえずまずは燃費報告から。

今回は14.2km/Lでした。

新潟遠征で高速の割合が高かったこと、
でも結構峠道もあったりで通常よりちょっといいぐらいですね。

でだ、またエンジンがかからなくなりました。

スターターは問題なく動いているがすぐストールする。
この間と症状は一緒で、4回ぐらい繰り返して一時休止。
そのまましばらく待っていようと思ったのですが、
ガソリンスタンドが混んできてこのまま給油機の前にいるのも
いい迷惑だし、店員さんに頼んで敷地の隅まで押してもらいました。
「だいじょうぶですか?」と聞かれたので、
「たぶんだいじょうぶです。」と答えておきましたが、
どうもこの間よりもだいじょうぶではなさそうでした。

よし、困ったときなので「ルノーアシスタンスコール」の出番だ!
細かなトラブルはあったものの、電話するのは初めてなんですよね。
もちろん携帯のアドレス帳には登録してあったので
(使う気マンマンじゃねえかという突っ込みは不可)、
電話したら1コールで出ていただきました。

これこれこういうわけでエンジンがかからないと説明すると、
「じゃあですね、アクセルペダルを思い切り踏んで、
スターターを長めに回してみて下さい。
かかったら、そのまま2000回転ぐらいを1分ぐらい保って、
そこからゆっくり回転を下げてストールするか確認して下さい。」
という裏技チックなお言葉が。
「アクセル、ベタ踏みでいいんですね?」「はい。」とのことなので、
言われた通りにやってみました。

始動。

実はきょうの一件の他にも地味に始動しにくい時がありまして、
「また症状が出るようでしたら、早めに最寄りの販売店に行ってみて下さい。」
とのありがたい一言もいただいたので、オイル交換以来で
ディーラーさんにおでかけすることに決定しました。

ついでにね、ガソリンスタンドから家までの途中、
3500回転ぐらいで燃料カットらしきものが働きましたが...。


身元判明

先日すれ違ったAD-MAXバン、身元が判明しました。
きょうもすれ違って今度はちゃんと確認、
地元の図書館が所有しているものでした。
リアやクウォーターのウインドーが塞がれていたのは
本の劣化を防いで運搬するためだったんですね。

で屋根のスピーカーは何のために?
移動図書館なら専用車両があったはずだが...。


おいしくいただけ

小矢部に続き今回の五泉でもお土産を確保しました。

たまご6個パック


がんばれ新潟アルビレックスBC・うみたてたまごです。

球場には2009年に県内各地で開催される「トキめき新潟国体
マスコットキャラクターの「トッピー」と「キッピー」、
2羽あわせて「トッキッキ」が休日出勤で来ていたのですが、
たまごは普通に鶏卵でした。

夏場だとうちわとかの応援グッズ、ボールペンなんかの文房具、
食料品関係ではジュースなんぞをもらったことはあるのですが、
生鮮食品を頂いたのは鎌ヶ谷で梨をもらって以来2回目でした。
自分はクルマだったので問題なかったのですが、
カゴ無しの自転車で来ていた中学生はどうやって持って帰ったのか...。



14戦目

1日遅れですが9月23日、
新潟県五泉市営野球場で行われた北信越BCリーグ公式戦、
新潟アルビレックスBC対富山サンダーバーズの
第21回戦を観戦してきました。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
スコアを見てお判りいただけるかと存じますが、
両チームとも2ケタ安打&得点の「ノーガードのボコり合い試合」でした。
球場には照明設備が無いのですが8回あたりからボールが見えにくく、
日没コールドゲームになるかと心配しました。

これまで数多く有料(公式)試合を見てきましたが、
・9イニングでの最長時間
・両チーム合わせての最多安打
・たぶん最多四死球&押し出し得点
の「生で見た記録」を更新した模様。
北信越リーグの公式サイトで過去の試合結果を調べると
4時間を超えるようなハイスコアゲームがいくつかあるのですが、
なるほどこういう展開だったんですね。

五泉バックスクリーン


金曜日の夜に思いついて急遽宿を手配、
土曜日は通常通り(むしろそれ以上)に仕事をきっちりして、
事前の準備をほとんどせずに新潟県五泉市まで走ってきました。
今回は遠征の足にカングーを使用、トータル840キロの行程でした。
疲れが無いとは言わないが腰痛はほとんどありません。
やっぱりいいシート。

初めて行く球場には試合開始の2時間ぐらい前に到着、
周りの様子を確かめることを心がけているのですが、
五泉球場も良かったです。
年に1度しか開催されないこともあるのでしょうが、
先週の小矢部と同様、祭りに似た雰囲気が感じられます。
ただ新潟県民は恥ずかしがり屋なんですかね、
イベントへの参加が少ないようでスタッフの方が苦労してました。

だからというわけではないのですが、「小学生以下限定」になりがちな
試合前に用意されていた新潟の選手とのキャッチボール教室、
珍しく年齢制限がなかったので夫婦そろって参加してきました。
それでも4人しか集まらなかったのですが...。
グラウンド整備の合間を利用して、外野の天然芝の上で
新潟の#51小野真悟選手に遊んでもらえました。
最中に新潟側のスタンドから「いいなぁ~」とか声が聞こえたのですが、
フリーなんだからみんな参加しろって話です。もったいない。


赤ワイン

以前、ライン充填されているカングーのウォッシャー液が
業務用マジックリンと同じテイストだとお伝えしましたが、
散々使っていたわりにきょう初めて補充してみました。
1/4ぐらい純正のウォッシャー液が残っていることを確認して、
本人の意思で真水だけを足しました。

え、赤いの!?

満水近くまで上がってきたタンク内のウォッシャー液、赤いです。
水でかなり薄めているので正確にはピンク色なのですが、
ってことは原液はかなり濃厚な色をしているってことですか?

ウォッシャー液といえば「青」という先入観があるので、
間違えてクーラントに足したかと心配しました。
フランス人は赤ワインがお好きなようですから赤なんでしょうか。
妙な部分で国産との違いを認識しました。

なに、クーラントは「緑」だろって?
機能的にはみんな一緒、JIS規格では色がついていればいいらしいですが、
なんでこういうところで統一ができないんですかね。
ガソリンスタンドでバイトしているときは、
交換するクーラントが軒並み「茶色」でしたが...。


伸びないな

ほぼ1ヶ月ぶりの燃費報告です。走行距離が伸びていないですねえ。

今回は11.9km/Lでした。

通勤と近場のおでかけにしか使われていなかったし、
何か間違っている残暑のせいでエアコンの使用時間も長かったし。

ちなみにレンタカーで借りた新型インプレッサ、
オンボードの燃費計では12.2km/Lでした。
おおざっぱ満タン法では12.5km/Lでしたが。

...じゃあカングーで遠出でもしてみます?


イヤなおそろい

先日の北信越BCリーグ観戦の行きには、これを利用しました。


祝運転再開



新潟県中越沖地震で運休していましたが、つい前日から運転を再開。
だからなのか最近のブームの影響なのか、出発する上野駅13番ホームには
鉄分が濃い目の方が多くいらっしゃいました。
そういえば沿線でも結構見かけたぞ。

ちゃんとした寝台列車に乗るのは初めてでして、限られた空間に、
必要なものが合理的に配置され設計のうまさに感心していたのですが、
ちょっと問題があったのがコレです。


機能的には問題なし



常夜灯と蛍光灯と読書灯が一体になっている照明ユニットです。
画像右側の読書灯、ドーム部分が回転して照射範囲を調整できるのですが、

ここからね、ビビリ音がしたんですよ、カングーと一緒の。
金属の可動部分ですし、取り付けられてから時間も経っているでしょうが、
こんなところで聞き慣れた音に逢うとは思いませんでした。

...だからぐっすり眠れたのね。


立派になったねぇ

今回のBCリーグ観戦ツアーの球場は富山県小矢部市でしたが、
宿泊施設等のベース地はお隣石川県の金沢市でした。

ちょっと気軽に応募したら見事に当てていただいたので、
球場への移動の足は新型インプレッサ15S(2WD)を利用。
ありがとうニッポンレンタカー。


1500ccで3ナンバー



借受時の走行約1100キロ、これまでのユーザーは4名。
今まで借りたレンタカーの中では最上の程度の良さでした。
グローブボックス内の取扱説明書に至っては封がされたまま
まだ誰も見ていないようだったので、
宿に持って帰って一晩熟読させていただきました。

一応初代インプレッサワゴンのユーザーだった身としては、
あまりの立派さに月日の流れを感じた次第です。
途中で豪雨の中運転せざるを得なかったこともあり、
ワイパー&ウォッシャーの出来の良さは感心しました。
ただね、ナビがオーディオ一体のAVNタイプだったのですが、
カングーのサテライトスイッチに慣れてしまった体には
特にラジオの調整その他が扱いにくくて閉口。
あらためてどれだけ使い勝手が良かったんだサテライトスイッチ。

せっかくなんで店の前を通ってのぞいたルノー金沢中央の敷地以外、
カングーは黄色の1.4モデルをかほく市内(たぶん)で
1台見かけただけでした。
ルノー車自体、ルーテシア1台しか遭わなかったし。

あと、金沢の観光案内では必ずといっていいほど紹介されている
「千里浜なぎさドライブウェイ」ですが、
本人は5分で飽きてしまいました。申し訳ない。


雑感いろいろ

北信越BCリーグ観戦で拾ってきたネタです。

・試合前の練習中、選手がファーストミットをはめて
「何これ、すげー軽い!」などと盛り上がっていました。
ミズノ製でしたが、どうやらネットオークションで落札した模様。
NPBの有名どころの選手ならばメーカーのアドバイザリー契約なんかで
道具の苦労はしなくて済むのでしょうが、
こういう部分も待遇の差をまざまざと見せつけられました。

・応援団のラッパは2本なのに、なぜか太鼓が4台あり。
JR西日本の管轄?だからか、関西風のノリでした。

・ヒーローインタビューの前説は富山の鈴木監督。
インタビューは宮路兼任コーチが仕切り。
そこらのへんなフリーのアナウンサーよりうまい。

・観戦慣れしていないことの悪い点。
入場者が多くて立ち見が出るのはやむを得ないとしても、
通路をふさぐ&椅子に座っている人の視線の妨げになる位置からは
移動してもらわないと緊急時の対応にも影響が出ます。
ボランティアが多いとはいえ、このへんは係員が誘導するなり
注意書きを出すなりして改善した方がいいと思われます。

・「1日50食限定」につられて買ったサンダーバーガー、いける。

チキンではない


・富山の某選手、自分と同じ市の出身ということが判明。
しかも外回りの仕事をしていたとき、何回かお邪魔していた家でした。
10年近く前のことだが、そういえばご両親との世間話の中で
学校から帰ってきても毎日欠かさず素振りをしていると聞いた覚えが。
試合終了後のサイン会でそのことを話すと、
「いやー、富山でこんなローカルな話題をするとは思わなかった。」と
喜んでいただきました。

来年は福井と群馬も参加、6球団でのリーグ戦になるとのこと。
群馬あたりの試合ならもう少し観戦の機会が増えそうです。


13戦目

無事に帰ってきました。

それでは1日遅れですが9月16日、
小矢部運動公園小矢部野球場で行われた北信越BCリーグ公式戦、
富山サンダーバーズ対新潟アルビレックスBCの
第20回戦を観戦してきました。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
ホームの富山が長打攻勢で快勝、小矢部市のみなさんも
満足して帰宅の途につかれたことでしょう。
ホームラン2本5打点の富山#25井野口がゲームMVPに選ばれ、
コメ20キロ、はとむぎ茶120本、地元特産ポークなどの賞品を確保しました。

そろそろ日が落ちると冷え込んでくる時期に18時開始のナイトゲーム、
しかも3時間ぐらい前に周辺地域では集中豪雨が降り
野球バカが寝台列車とレンタカーを乗り継いでノコノコ観に行ったら
雨天中止か!と焦りましたが、途中で傘のお世話になりながらも
フルイニング最後まで見られました。


小矢部内野スタンド



小矢部球場は整備された高台の運動公園の中にある、
内野が土、外野が天然芝の典型的な地方球場といった感じでした。
スタンドとグラウンドがとても近いです。

正直天気がコレだし、お客さんは3ケタ台だと勝手に予想していたのですが、
北信越リーグ初代チャンピオンという目標を狙えるチーム状況だけに
1740人という観客数、急遽外野スタンドを開放するほどの入りでした。
早々に売り切れでクローズする屋台もあり、
テレビの中継ではなく野球の試合を観に行くという行為が、
普通の人にとっては「ハレ」であることを改めて認識しました。


それでは

ボチボチ旅に出たいと思います。
泣かないで無事に帰ってこれるとイイナ!


ちょっとお知らせ

どうも、ダブルコーンシンクロ(1&2速)です。

リンク先を編集してみました。
久しぶりだったのでどうしようかと思いましたが、
簡単にいじれたので助かりました。
引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。


昔ながらの

時刻表はJTB派。しかも大型。


正規輸入品

信号待ちをしていた見慣れないクルマ、ランチアのムーザでした。
現車は初めてでしたが、きっちり5ナンバーサイズに納まっていたんですね。
たぶんイメージカラーのブラウンのメタリックだったのですが、
曇天ではなくお日様の下で見たかった。
あと、正規輸入ができていたのもさっき調べて知りました。

近所にイプシロンのオーナーさんがいたのですが、
ここのところその姿を見かけませんでした。
もしかしたらこっちに買い替えたのかもしれません。
どっちにしても渋い。渋すぎる。

ただ、日本には軽自動車で「ムー○」とか「○ーザ」とかあるんでね...。


重症ですね

野球バカが悪化しました。

今週末、遠征へ向かうことに決定。
残念ながらカングーはお留守番となりましたが、
その替わりのレンタカーを調達しました。

本当は昨日、全日本のソフトボールも観に行きたかったんだが...。


攻めの姿勢

本日付の朝刊の折込に、近所でもないが
シトロエンのディーラーのチラシが入っていました。
プジョーはしょっちゅう、ルノーは2回ほど見たことがありましたが、
シトロエンは初めてですね。

フラッグシップであるC6が表?一面のアップ。
もう一面はC2からC3プルリエル、C4ピカソなど
現在正規輸入されているラインナップすべての車種が載っていました。

自宅からこのチラシのディーラーさんまでは
空いていても1時間程度はかかる距離ですが、
購入を検討されている方にとってはこのへんがネックでしょうか。
でもな、最初からシトロエンを考えている人は
これぐらいはちょうどいいドライブと思ってくれるようでないと

こんなはずでは...。

とか後悔しそうですが。
あと、期間中にシトロエン車を車検、定期点検で入庫されたお客さんに
ダブルシェブロンのロゴ入りマグカップをプレゼント!
だそうですが、1個欲しいです。


ダブルレーンチェンジ

台風9号が猛威を振るっております。
関東地方南部はすでに通り抜けていきましたが、
これから近づく地域の皆様、十分お気をつけください。

で、その台風がかなり接近している今朝も、
いつも通りに通勤でカングーを走らせていました。
すると、バス停の横にあるジュースの自動販売機脇に設置してある
プラスチック製のゴミ箱が、強風にあおられて転がってきました。

やむなく、緊急回避。

某NAV○のダイナミックセイフティテストばりの(誇張あり)
ダブルレーンチェンジを実施せざるを得ない状況に遭遇しました。
早い時間で車の通行量もほとんどなく、
学校は台風による休校が決定していてお子様も姿も見えなかったので
何かにぶつかったというようなこともなさそうでした。

寝不足でボーっとしていたら踏んづけていたかもしれません。
この場合の管理責任は自販機の設置会社にあるんですか?
「不可抗力です。」で片付けられそうですね。


OEM品?

先日都市対抗野球を観に行った際
三菱重工長崎さんから頂いた
「MITSUBISHI MOTORS」ロゴ入り3色ボールペンですが、

フォルティスVR-4希望


...予想と違いパイロット社製でした。
三菱グループの結束力にも緩みが出てきたのでしょうか。
もしかすると実は三菱鉛筆のOEM品だったりして。


お隣さんに

いきつけの本屋さんの駐車場に、
ブルーのプジョー406のブレークが停めてありました。
他にも空きスペースはあったのですが、
せっかくなんですぐ真後ろにカングーを停めてみました。

雑誌を買って駐車場に戻ると、
406ブレークの位置に紺のシトロエンエグザンティアが、
カングーの横には緑色した某ファンカー○が停まっていました。

エグザンティアはともかく、○ァンカーゴは誰かの陰謀でしょうか?
そのへんがわかっている確信犯が相手ならば、
ぜひともカングーを売り込みたいのだが...。

ただ、妙な輸入車の横ならば、ドアパンチの被害を受ける可能性は
かなり低くなるという実用面でのメリットがあると思われます。
少なくとも、室内にぬいぐるみが散乱していて
ドアのエッジが削れているようなミニバンの隣には
あんまり置きたくないですなぁ。


お隣さんも

うちの近所の一角では現在区画整理を行っていて、
建売の住宅がにょきにょき増殖中です。
同じデベロッパーさんの手によるもので似たデザインや間取りだったりして、
各戸に1台分ずつの駐車スペースがある点も同じです。

で、その駐車スペースには同じようにミニバンが停まっています。
一区画5戸すべてが某トヨ○製。色も白かシルバー。
新しく分譲された土地なので以前は別の場所に住んでいたはずですが、
「お隣さんが買ったからウチも...。」みたいな雰囲気です。

シェア50%に届くか(2004年は44.4%、軽自動車を除く)という○ヨタですが、
やっぱりその通りに売れているんですね。
少なくとも得体の知れないフランス製の貨客両用車よりトラブルもないだろうし。


12戦目

でもって引き続きまして、
東京ドームで行われた第78回都市対抗野球大会2回戦、
豊田市代表トヨタ自動車対長崎市代表三菱重工長崎の試合を観戦してきました。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
両チームあわせて5本のアーチが舞い、30安打の乱打戦でした。

三菱重工長崎は船舶や発電プラントの製造なんかがメインですが、
応援グッズの中に三菱自動車のカーラインナップのパンフレットが。
さらには新発売になったギャラン フォルティスの台紙に入った
「MITSUBISHI MOTORS」ロゴ入り3色ボールペンをお土産にいただきました。

このボールペンもuniブランドの三菱鉛筆製だったりするのか?
三菱グループの結束力、恐るべし。
あ、ボールペンの作りはかなりしっかりしてます(一応フォロー)。

ダイヤモンドマーチ



11戦目

東京ドームで行われた第78回都市対抗野球大会2回戦、
札幌市代表JR北海道対浜松市代表ヤマハの試合を観戦してきました。
また都市対抗ですよ。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
1回戦で出場6度目にして初勝利を上げて勢いがついたJR北海道、
優勝候補ダークホースと言われたヤマハにも勝ってしまいました。
特に終盤、各選手がファウルで粘って失投を狙い撃つ姿が印象に残りました。

嫁が北海道出身ということもあり
この試合は札幌寄りのスタンドの位置で見ていたのですが、
「これで来年の野球部の予算、倍にはなるよな。」とか、
「去年のTDKみたい(都市対抗初勝利からそのまま初優勝)になったら
どうすんだ? 祝勝会の会場とか押さえとくか?」みたいな
大変に景気のいい話で盛り上がっておりました。

社歌「北の大地」



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。