きょうのダブルバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀 or 黒

ウチのカングー、納車されてから結構早い時期に
ホイールキャップを外して鉄チン仕様になっています。
相変わらずエア調整は楽だしブレーキダストも目立たずと
本人はいい事尽くしだと満足しています。

で、そうなると周囲のクルマの鉄チンホイールが気になるわけですよ。
いまどきの新車乗用車は純正でもアルミが増えてますし、
そうでなければフルホイールキャップなのが大部分です。

そこで、こんなものを発見しました。
自分がかなり突っ込んでカングーと比較検討していた
トヨタのプロボックスワゴンの主要装備の表です。
最上段の「タイヤ・ディスクホイール・足回り」なんですが、
ベースグレードだとシルバーのスチールホイール(+センターキャップ)、
エクストラパッケージだとブラックのスチールホイール(+フルキャップ)と
大変微妙に差がつけられております。

サイズも一緒なのになぜ造り分ける?
素の状態はシルバーで黒は塗装しているというのなら、
なんでそのわざわざ塗った黒にフルキャップを被せているのか?
トヨタの購買関係の方に聞いてみたいところです。


スポンサーサイト

2ヶ月前に

カングーの任意保険の継続のご案内が届きました。
満期日のちょうど2ヶ月前、すっかり忘れてました...。
ありがたいことに今回もお世話になることはありませんでした。

「早期契約割引」の設定はないのですが、
かといってほうっておくわけにも行かないので
とっとと継続手続きをとろうと思います。


結果オーライ

残念ながら中止になってしまった第30回のダカールラリーですが、
参加者や関係者、それに観客の安全性を考えれば
やむを得ない判断だと思いますが、やっぱり残念ですね。

ですが、事前に枠を取ってしまったからなのか、
パリダカ関連のテレビ番組は放送されてました。
当然ながら今年のレースの様子はほとんど流せず、
結果的にこれまでの大会を振り返るような内容だったのですが、
それはそれで大変楽しめました。

結果オーライですかね?


どっちもうまかった

茨城県常総市(旧水海道市)の「志な乃」という
そば屋さんに行ってきました。
前々日にうまいそば屋に連れて行けというリクエストに答え、
評判の店までカングーで足を伸ばした次第。

地味さが良い


嫁は売りらしい「鴨南そば」を注文。
自分はせっかくなんで冷たい「田舎せいろそば」と
温かい「わかめうどん」にしてみました。

確かにウマい。
うどんもそばも、温かいのも冷たいのも○でした。
旧国道から少し脇に入ったわかりにくい場所ということでしたが、
筑波サーキットへの通り道で多少なりとも土地勘があったので
順調に行き過ぎて11時の開店時間前に到着。
周囲はすれ違いが厳しいぐらいの細い道でしたが、
5ナンバーサイズはこういう時に強さを発揮しますな。


ボケてない

自分も普段から利用していますが、
セルフ形式のガソリンスタンドがほんとに増えています。
うちの近所もフルサービス式の店を閉めちゃったと思ったら、
翌月にセルフで新装開店してました。

で、ちょっと前に話題になりましたが、ガソリンエンジン車に
軽油を入れてしまうケースが続出しているとか。

フルサービス式ガソリンスタンドでのバイト歴約6年、
確かに、軽自動車に乗ったお客さん(たいていオバちゃん)から
「軽油満タン」と言われたことはありました。
その場は「無理です。」と返事ができて後々ネタにできたのですが、
実際に給油しちゃうとなると話は別でしょう。
納車時の説明で「ガソリン車なんでガソリンを入れてください。」って
そこまでされないとダメなんですかねえ。

カングーはおとなしくハイオクを入れてます。


思し召し

同僚の親戚のスポーツカー探しで改めて思い知りましたが、
クルマ、特に中古車を買うっちゅうのはタイミングだなと。

自分の場合のカングー購入まで経緯は、

なんとなく思いつきで最寄のルノーのディーラーに見に行く
→情報の精度を上げるために2番目に近いディーラーに行く
→手頃な試乗コースがあったのでそのまま3番目のディーラーへ
→第1希望の仕様は予算的にキツイよなぁ
→っちゅうかもう国内にその新車はなくなっちゃうみたい
→冷却期間の後、別件で行った目的地そばのディーラーを見学
→そういやその途中にもルノーの看板があったよな
→あまり期待せずに立ち寄ってみる
→まさかと思ったマニュアルの試乗車がある!
→乗る!
→気に入る!
→ちょっとだけ駄々をこねる!
→成約

...おおまかにこんな感じでした。

ひとつ違っていたら某国産車を乗り続けていたかもしれないですし、
普通にSX4とかプロボックスワゴンあたりに買い替えて
それはそれトラブルフリーで楽しんでいたかもしれないです。
環境や条件に気兼ねなく、自分の好きな欲しいクルマを買える人は
自家用車保有者の何%ぐらいなんでしょうかね?


相場不明

先日お話しました某スポーツカー捜索の続きです。

あえて具体的な車名は出しませんが、
ベースはかなり走り屋さん向けだがほぼオリジナルで修復歴なし、
パッと見の画像からはタワーバーが入って点火系を少々、
どうやら純正のアルミはそのまま残っている、
でもって88年式の走行5万キロちょいで43万円って高いっすか!?
実績のある専門店らしいので整備その他に関しては問題なさそうですが、
そこは一期一会の中古車選び。

ぶっちゃけ珍車を掘り出すのは得意なんですが、
正攻法の車両選びはあまり経験がありません。
この間友人に勧めて買わせたのはホンダのコンチェルトでした。
本人ならびにその家族にも評判良かったのでよし。


当たりを引けるか?

同僚の知り合いがクルマを探しております。

絶版になって久しい某スポーツカー?が目当てで、
どうやらレースのベース車両としても使いたいとのこと。
手際よくすでにライセンスは取得済み、
メインはまだだが部品取り用に1台は確保しているそうな。

15年近く前、しかも走り屋さん御用達の車種なので
適価で状態のいい個体を探すのは難しいかもしれませんが、
せっかく山形から見に来るぐらいなんで
当たりを引いて乗って帰ってもらいたいもんです。

...後輪駆動で凍結した峠道は走りたくないなあ。


スカ

散々積雪があると脅されていましたが、目が覚めたら表は

...いつもとなんら変わらず。

チェーン風のものはもちろん、霜取りすら出番がありませんでした。
事前に騒ぐとたいしたことなく、なにも準備をしていないと
思ったより降ったりするんですかね。


耐寒耐雪装備D型

関東地方南部、平野部でも積雪があると脅されております。
タイヤチェーン風ものとワイパーの準備はしているのですが、
部屋を片付けていたらこんなものがでてきました。

霜と氷と水に


「自動車ガラス専用霜取り」が用途として表記されています。
たぶんどっかの粗品で頂いたもののような気はしているのですが、
どっかがどこだかさっぱり覚えていません。

あすの朝は有意義に使うことになるのでしょうか?


ゲージが怪しい?

カングー、燃費報告です。

今回は11.0km/Lでした。

市街地走行9割、あとは茫漠とした埋立地を走行。

燃料計のゲージが残り1個になった時点で給油したのですが、
37.5Lしか燃料タンクに入りませんでした。
いつもと同じスタンドの同じ給油機で同じ方向から入れたのに...。
あ、ちゃんと満タンにはなっているようですが。


効果わからず

関東地方南部でも積雪がありました今朝。

交換したワイパー、スノーブレードとして使っても
問題ないというウリもあるようですが、
ウチのカングーは頭だけ車庫内に突っ込む形で保管されているので
フロントガラスへの積雪はゼロ。
ゆえにその効果のほどはわからないままでした。

あ、リアウインドウはガチガチに凍ってました...。


信頼性を優先

人気らしいフジテレビのドラマ「SP」、
嫁はHDDに録画して繰り返し見ています。

で、そのドラマに出てくる犯人グループの車両として、
ルノーのエクスプレスが使われていました。
たぶんブルーメタ、お約束?でボンネットは退色してて
それはそれでいい味を出しています。。
番組に日産と富士重工がスポンサーとしてついているので
そのへんも考慮して輸入車を犯行車両として選んだかもしれませんが、

なぜエクスプレス?

かなり周到な計画を練って犯行に及ぶ描写が見られるのですが、
少なく見積もっても15年以上落ちのフランス製貨客両用車が
移動の基本となるクルマですよ。
ここにいるような輸入車&商用車バカだったら「おっ」とか言って
振り返って見ちゃうかもしれないですし、
信頼性から考えておとなしく国産の白いライトバンにしといたほうが
スムーズに事が運ぶ気がしてならないです。

とはいえ、10年ぐらい後の刑事ドラマにカングーの出演を願う。


罰ゲーム

嫁の実家からの土産、ウチだけではさばき切れないので
会社におすそ分けをしてきました。

どっちかにせい


見た目の受けは良かったものの味は...だったようで、
おおむね「なに、罰ゲーム?!」との感想をいただきました。

キャラメル、味噌ラーメンとも、それぞれ単品で食べた方がいいです。


幻覚か?

2日続けて羽田空港に行く用事があったのですが、
帰りのたぶん市川市内でスバルバハらしき車両に遭遇。
あ、リンク先はアリゾナ州にあるディーラーさんの中古車なので、
売れてしまっていたらリンク切れの可能性大。

どうやら日本にも並行輸入された個体があるらしいですが、
台数限定だったら国内でもさばけませんかね?


フォロー

晴れたものの、ものすごい強風だった本日の関東地方南部。
しかも羽田空港まで送迎に出向いていたもので、
ふきっさらしの海沿いの埋立地はえらいことになってました。
そこでちょっとおもしろがって実験を。

予定の時間までちょっと余裕があったもので、
周囲の安全をきちんと確保した上で
ニュートラルのままサイドブレーキを解除してみました。

...想像以上に進むもんですね。
これだもの大型トラックなんかは急な横風であおられるわけです。
ついでに陸上の追風参考記録というのもわかりました。


12月のご愛顧

毎度当ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。
みなさまの声をブログの運営に反映すべく、という気はあまりなく、
思いつきで「アクセス解析」というものを一応かけているのですが、
12月度の結果がまとまっていたけどしばらく放置していました。
以上、文章ほぼコピペ。

12月検索ワード1位

「ベクター5」「カングー ビビリ音」

グッドイヤーのタイヤが1位でした。
時期的にもオールシーズンタイヤを試してみたいとこですが、
今じゃ選択肢がほとんどないんですね。
確かカペラワゴンFXの純正装着がオールシーズンで、
リプレイス用がブリヂストンのカタログに載っていたのですが...。
カングーの今のタイヤが減ったら、本気で検討対象。

ビビリ音、そう言われると最近はしませんね。
そこそこオーバーヘッドコンソールに荷物を入れているからでしょうか?
あまり余計なものを積んでおくのもよろしくないですけれども。
あ、最近はサイドバイザーが元気に鳴きますよー。


ちょっとデカい

自分はAMラジオ愛好者なのですが、
某TBSラジオのキャンペーンに参加してみました。

チームマイナス6%


地球温暖化防止エコドライブ推進委員会の
「アクセルは、ふんわりと。」という内容です。
別に大上段に構えるつもりは端からなく、
やれる人間がやれる時にやれることからやればいいかなという
そんな軽い気持ちでの参加です。

関東のTBSだけでなく、全国のJRN系列の各局でも
このキャンペーンを行っているそうですので、
気が向いたらのぞいてみてください。
ただ、頂き物なんで贅沢を言う立場ではないのですが、
想像してたよりステッカーでかい。
黄色のボデーカラーだと目立ちすぎず良かったかも。


ハズレあり

北海道は食べ物がおいしいというのは
みなさん同意いただけるかと存じます。
と前振りしておいたにもかかわらず、自分はナマモノが×でして
新鮮な魚介類は一切スルーしてきましたが。

まあそれ以外にも名物と呼ばれるものはたくさんあるわけで、
多少は期待していたわけですが、
...正直ハズレた。

正確には1つは味は良かったのだが雰囲気がよろしくなく、
もう1つは雰囲気うんぬんではなく口に合いませんでした。
具体的に何を食べたかは明らかにはしませんが、
物産センターにある観光案内所で尋ねた際、受付のおねえさんが
「有名で観光客の方はよく行かれるんですが、地元の方はあまり...。」
と言葉を濁していた理由がわかってしまいました。

結局、今回の北海道でいちばんうまかったのは
帯広の宿で朝食に出されたジャガイモ(きたあかり)だったな。


羨望の眼差し

試される石屋製菓


昨年世間を騒がせましたこちらの商品、
販売再開から2ヶ月ほど経ちましたが品薄状態だそうです。
1日1アイテムに絞って限定生産されているとのこと。

試される品質管理


正月2日と3日は12枚入りのみ販売、
4日に帯広の売店でみかけたのは18枚入りだけでした。
同僚からの頼まれものもあったので開店直後の本店まで行きましたが、
長蛇まではいかなくとも行列ができていてちょっと引きました。

帰りに千歳空港で荷物整理をしていたら、
羽田行きに乗る帰省客らしき家族連れに
「白い恋人」ロゴ入りの手提げ袋をのぞかれました。
早いとこそこらの売店で普通に買えるようになるといいですね。


動作確認

嫁の実家には1泊だけで、あとは青春18きっぷを活用して
北海道内を列車で回ってきました。
途中でいくらか吹雪いた場面もあったのですが、
遅れはほとんどなくほぼダイヤ通りに動けました。
それだけでも凄いと思ったぞJR北海道。

1日に両手で数えるほどの列車しか通らない、
周囲に人が住んでいる建物らしきものは見当たらない、
朝からクルマはおろか人すら渡った形跡のない踏切でも、
毎回きちんと警報機が鳴って遮断機が下りるというのは
それもやっぱり凄いと思ったぞJR北海道の保安担当。

試される大地


列車と並行している富良野あたりの国道で、
横殴りの雪の中を走るプジョーの206CCを見かけました。
雪の中で見るオープンカーはなんか新鮮でした。
もちろん屋根は閉じてましたが。


フライングフィン

北海道ネタ1発目はちゃんとしたクルマがらみで。
嫁の実家の旧型カローラフィールダー(1.5ガソリン/MT)で、
人生初の本格的雪道デビューを果たしてきました。

ドライ路面はなかったのですが、シャーベット、アイスバーン、
圧雪アイスバーンにロードヒーティングで交差点付近はウエットと、
ほぼすべての路面状態を経験できました。

R5


とりあえずスタッドレスすげえ。
北国の方からツッコミが入りそうな感想です。
とはいえ、こちとら借り物のクルマということもあり
それなりに緊張して運転していたのですが、
地元ナンバーの軽ワゴンに乗った茶髪のおねえさんは
携帯片手にものすごい勢いで追い越し車線を爆走してました。

...恐るべし北海道民。
「フライングフィン」と同じ「フライング道民」なんですか?


ただいま

北海道から帰ってきました。

□北海道テレビ


漠然とした書き出しですが、嫁の実家の札幌をベースに、
その親戚がいる小樽へクルマで、深夜バスで網走、
鈍行で釧路、鈍行で帯広、快速で滝川、鈍行で岩見沢、
鈍行で苫小牧と、乗物バカ全開に近い回り方をしてきました。
最後も千歳から羽田直行の飛行機ではなく、
仙台空港を経由して電車で帰ってくるという道楽ぶり。

旅費の精算に忙しいので、きょうはここまで。
しばらくは雪国ネタでお楽しみください。


おめでとうございます

みなさま新年あけましておめでとうございます。

あいさつもそこそこ、嫁の実家の北海道まで行ってきます。
人生初となる本格的な雪道の運転が控えております。
クルマは1.5Lガソリンの旧型カローラフィールダー(MT)を予定。
2シーズン落ちのスタッドレスらしいですが
アイスバーン初心者はだいじょうぶか?
その前に天候大荒れらしいですが...。

なにはともあれ今年もよろしくおねがいいたします。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。