きょうのダブルバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未舗装路の誘惑

タイトルで大嘘をついてみました。

ぶつけてはいないぞ


駐車場は自宅/仕事場とも舗装されていないので、
ちょっと雨が降っただけでこの有様です。
しかも日当たりがよろしくないので、
いったんぬかるむと1週間ぐらい残っていたります。
ま、そうでなくても田んぼの畦道とか車両進入可能の河川敷とか
明け方に攻めてたりすることはなくも(以下うやむや)。

ホイールハウス内に砂利が当たる音は心地良くもありますが、
ボデーの表面がボコボコになるのも錆の原因になるしねぇ。
メーカーオプションでマッドガードが用意されているのですが、
なぜか2種類設定されています(上から4アイテム目)。
こんなところで妙に細かい気遣いしてやがる。

カングー専用の社外品などというものはまったく期待していないのですが、
実はフランス本国でラリーのサポートカーとしての需要があって
物好きなラリーショップがしゃれで作っているんだったら入手したいです。
ユーロ高いけど。


スポンサーサイト

フルモデルチェンジ

郵便局がゆうちょ銀行にモデルチェンジしてから初めて口座を作りました。
通帳のデザインがまるっきり違っていて結構驚きました。

...でも中身はあんまり変わってないね(←当たり前)。
ちなみに粗品はタオルでした。


暴風コント

朝から強風に見舞われました関東地方南部。

寝ぼけ眼を擦りながら運転していると、一瞬視界が暗くなりました。
風で雲が飛ばされて快晴だったはずなのに...と思ったら、
カングーのフロントガラスに新聞紙が貼りついています。
なんかこういうコントを見たことがあるなと懐かしみつつ、
はがしてみるときょうの日付の某スポーツ新聞でした。

残念ながら競輪の予想コーナーでは楽しめないの。

あ、キリ番カウンター10000も自分で踏んでみました。


たまたまですよ

申し訳程度に目安にしている左下のカウンター、
カングーのオドメーターと一瞬だけ数字が同じになりました。
もちろん?自分で踏みました。

おかげさまでカウンターのほうが先に10000を超えそうです。


削れビブ

カングーの標準装着タイヤ、コンチネンタルとミシュランの
2種類を確認しているのですが、ウチにはミシュランでした。

同条件で長距離を乗り比べたわけではないので
どっちがどうとの判断はつきかねるのですが、
ミシュランタイヤにはついてくるミシュランマン(元ビバンダム)。
ショルダー部分にビブが刻印されていて
そこからスリップサインがわかるというタイヤの基礎知識です。

さて、ショルダー部分にマーキングされているということで
特にスポーツ方向に振ったモデルでは、
ここのビブが削れるかでどれだけコーナーを攻めたか
目安にしている方もいらっしゃると聞いたことがあります。
もしくは単に空気圧が低かったか。

で本日、そのビブを削ってしまいました。
サーキットでタイムアタックをしていたわけでもないのに
一般道でインを狙いすぎてちょっとだけタイヤを擦ってしまいました。
ホイールにダメージもなくピンチカットも起きていないので
通常使用していく上では問題ないと思いますが、
なにもメリットはないので以後気をつけていく所存です。

やっぱりきのうの出来事が影響しているのか...。


火の用心

午後から強風に見舞われた関東地方南部平野部ですが、
そんな中、近所でボヤ騒ぎがありました。
消防車(いすゞ製)2台と救急車(日産パラメディックⅡ)1台が
出場するくらいの規模でしたが、大きく延焼することも
負傷者が出ることもなく済みました。

で、自分には火に関してはちょっとしたトラウマがありまして、
ええ、目の前で人が燃えたんですよー。
一命は取り留めたものの結構な重症で、
リハビリを含めると全治6ヶ月以上かかったと聞きました。

あ、小学校のころは掃除の時間にふざけていて
職員室前の廊下の消火器を噴霧させたんだった。
これまたイヤなこと思い出した...。

大雪に見舞われている地方以外はかなり空気が乾燥しているようです。
みなさまくれぐれも火の用心を。

洗った直後に

カングー燃費報告です。

今回は11.6km/Lでした。

ダートを走りたいとか言っていましたが、
これで洗車、しかも奮発して下回り洗浄までした直後、
いつもお世話になっている藤島自動車さんに遊びに行く途中で
がっつり泥濘地を走りました。
そんなもんです。

またコーヒーをいただきにうかがいます。


どっちもダメだ

暗くなりつつあるのにヘッドライトを早めに点けないのと、
フォグライトだけ点けて走っているのと、
どっちもダメですね。

個人的には霧が出ていない街中でリアフォグ点けられているのも
大変イライラします。


TN対決

タイトルにピンときた方はそこそこの年代、
これにもうひとつプラスして「TNT対決」にグッと来るのは
かなり筋金入りのモータースポーツファンとお見受けします。

それはさておき、カングーの純正フロアマットは17,850円
(2008年モデルオプションカタログより、消費税込標準価格)です。
本人の使い方&性格からすると布じゃなく
ゴムマットでも問題ないくらいなのですが...。

で、本題につなげます。
某高級ミニバンのオプションカタログを見て愕然としました。
フロアマット・ラグジュアリータイプ一式70,350円だと。
3列シートで使っている布地の面積が大きいのはあるんでしょうが、
冷静に考えると結構な額だと思いまして。
というわけでちょっとおもしろがって、
日本を代表する高級セダンのフロアマットの値段を調べてみました。

トヨタセンチュリー:プレステージタイプ89,250円
日産プレジデント:最高級126,000円

日産の大勝でしたが、パッと見の豪華さではトヨタのほうが上かと。
遮音性なんかも考慮して手足の長い素材を使っていると思われますが、
あんまり厚いとガソリンスタンドのフロアマット洗い機に入らないですよー。
ちなみに世界のメルセデスSクラスは68,250円、
ロールスだのベントレーだのマセラティだのは調査不能でした。
なんだよ、きょうのスカリエッティとか言ってやったのに...。


3.5打数3.5安打

本日のカングー、フル乗車での人員輸送に従事しました。
会場からの帰り、クルマの流れは順調で路面舗装も○、
天気も良く暖房もいい具合に効くという好条件が揃い、
後席に座っていた3人は爆睡しておりました。
助手席の後輩だけは気を使って半寝でした。

...ドライバーとしては多少イラっときます。


ちゃんとそれ用

カングーに装備されているシートバックテーブル。
本人は車内での飲食をあまりしないんですが、
そりゃあればあるでたまにはありがたく使っております。

できょう、初めてカップホルダー部分を本来の目的で使用。
今までペットボトルやパック、缶入りの飲料ばかりだったのが
紙コップに入ったコーヒーをホルダー部分にはめて使ってみました。
当たり前ですがきちんと固定できたのですが、
やり慣れないので大変落ち着かなかったです。

電子制御うんぬんでなく物理的に大丈夫だというのに...。


無理難題

普段利用しているガソリンスタンドの洗車機には、
こんな注意書きが掲示してあります。

どうせ少数派


下の2つについては守れますが、
こちとらマニュアル車なもので一番上のは無理です。


予想が外れた

案内が来たカングーの任意保険、
ネットで継続の申し込みが完了しました。

雰囲気を変えるためブログパーツを貼ってみた
←の保険会社さんをここ7年ほど利用しているのですが、
年間走行距離でのリスク細分項目があります。
嫁の軽自動車もあるし年間7000キロで契約していたのですが、
実際には現時点で約9700キロ。
今回はその上の年間11000キロを選びました。

乗ってて楽しいんで、当初予想より距離が伸びました。
「動かなくて乗れない」よりはいいですよね?


手に負えない

このへんでご紹介しておりましたクルマ選びですが、
どうやら出物があったとの報告が届きました。

普通にFRだけど400馬力出るんだって(合法改造車)。

実際に運転するドライバーの技量を確認したわけではないので
万が一何かあっても笑い話で済むようになることを願いますが、
自分には無理だ。
カートをやっていたというのが大きいかもしれませんが、
個人的には実速度より体感速度。


おしゃれーなフレンチ

先日舞い上がって行ったサービスキャンペーン、
ディーラーさんにはこの時期のルノー一押しの逸品
ルーテシア イニシアル・パリ」が展示されていました。

本革シートにチェリー&ウォルナットのウッドトリムといった
わかりやすい高級アイテムがあしらわれているのには
まったくといっていいほど食いつかなかったのですが、
惹かれたのはトノボード裏に設置されたガーメントケース。
詳しくはここの下から2番目を見てください。

なるほど、さすがお洒落なフランス車。
自分が素のルーテシアのオーナーだったら
用品でこのトノボードだけオーダーしてしまいそうです。
別注は高くつきそうですが...。

えぇ、もちろんブランドもんのジャケットなんか入れずに
三角停止板の収納に使いますけども。


すいませんでした

先日届きましたルノーからのお手紙の続報を。

すいませんでした。
えーっとですね、「サービスキャンペーン」には間違いないものの、
リコールうんぬんとはまったく関係ありません。
関係者、特にルノー工場の品質管理部門のみなさま
(たぶんムッシュピエール)に深くお詫び申し上げます。

このお手紙を出した経緯については
極秘の内部情報(一部誇張あり)として話を伺えたのですが、
ヒントとしてはここ数年動きの少ない取扱車種のラインナップと、
あんまり重要ではないと思い込んでいた
下取り価格プラスクーポンがポイントでした。

あ、愛車診断の結果は異常なしでした。
それがわかっただけでも良かったということにしておいてください。


これで正解?

本日は嫁の軽自動車のオイル交換。
前回は去年の6月でしたか。
わざわざレシートを引っ張り出すことなくわかりましたね。
ブログを続けていて役にたちました。

今回も某大手自動車用品チェーンのお世話になったのですが、
銘柄はBPではなくオリジナルブランドを選択。
で正直ですね、前回との違いはさっぱりわかりません!
まぁ粘度もグレードも同じものですし、
そんなにシビアな使い方をしていたわけでもないので
極端に劣化が進んでいなかったんですかね。

必要もないのに換えることはないですし、
街乗りメインのクルマならこれぐらいの頻度で十分だと思われます。


礼を尽くす

本日はみぞれ混じりの冷たい雨の中、
サターンワゴンSW2に遭遇。

日本市場に参入したのはもう10年も前なんですねぇ。
発売直後に資料請求したのですが、紙のカタログと一緒に
オリジナルのブランド案内ビデオも送られてきて
カネかけてるなと思っていたのですが、4年で撤退とは...。

一応GM系列のお店で面倒見てくれるはずですが、
正規ディーラーが無くなるとメンテは大変ですよねぇ...。


可もなく不可もなく

カングーの燃費報告です。

今回は11.7km/Lでした。

ぼちぼちですか。
シャーベット状の路面を含みますが、
一般市街地しか走っていない気がします。
ポテンザのRE470タイプAがマッチするような硬質ダートとか行きたいです。

あっ、カングーの適応サイズもあるぞ!


今シーズンもいない

昨年もネタにしていました野球選手の愛車についてですが、
今シーズンのトップを切って発売された「週刊ベースボール」の
2008年プロ野球全選手写真名鑑号で早速チェックです。

「ベンツ」や「レクサス」というメーカー/ブランド名で載っているケースが多く、
現物確認もできていないければ具体的な車種はわからないですし、
あくまで自己申告なんで「前と一緒でいいですよ。」とかいう
投げやりな回答がないとも言えないのですが、
今年もカングーに乗っているプロ野球選手はいませんでした。
さらにはルノー車オーナーすら見当たらず。

おもしろくねーなー。

グッときたポイントとしては、
ファイターズ#88梨田昌孝監督はプジョー(車種不明)。
マリーンズ#94定詰雅彦2軍バッテリーコーチはプジョー206CC。
ファイターズ#4飯山裕志外野手は日産ルネッサ(渋っ)。
地元ということもあり、横浜の選手に日産車オーナーが多いです。
2軍の横須賀スタジアムは追浜工場のすぐそばだしね。
逆に広島の選手にマツダ車オーナーはゼロ。
誰かタイタンとか乗ってやれよ。


穿った見方

本日はカングーを購入したディーラーさんから
お手紙(クロネコメール便)が届いていました。
「オーナーのみなさまに感謝の気持ちを込めて
サンクスオーナーシップキャンペーンのご案内」だそうで。

純正バッテリーの割引販売とか
新車購入時の下取り価格プラスクーポンと一緒に、
専用テスターを使っての無料愛車診断を実施しますと。

...ははーん、サービスキャンペーンってやつか?
国土交通省自動車交通局のホームページはマメにチェックだ。


1月のご愛顧

毎度当ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。
みなさまの声をブログの運営に反映すべく、という気はあまりなく、
思いつきで「アクセス解析」というものを一応かけているのですが、
1月度の結果がまとまっていたけどしばらく放置していました。
以上、文章ほぼコピペ。

1月検索ワード1位

「ルノー静岡南」

正規ディーラーのルノー静岡南さんがぶっちぎりで1位でした。
その節は大変お世話になりました。改めてお礼申し上げます。
箱根の峠から雪の心配がなくなったらまた伺いたいです。

今月の赤丸急上昇は「ダブルキャブ」関連。
やっぱりこの車体形状がベストと思われる趣味ってなんだ?
TDCセンサーに関してちょろっと載せたら、
なぜかベントレーのTDCセンサーで検索があったのですが
まったくかすりもしない内容で申し訳ないです。


予想はしていた

きのうの雪の具合からそうだろうと予想していましたが、
朝の路面は見事ガチガチに凍結していましたね。
最低地上高が結構あることもプラスだったのか、
カングーにガッツがあることは実感できました。

あと、いくら金属チェーンといえども
タイヤに装着していないと滑り止めの効果は期待できません。
凍結した路面に放置されても困ります。
2ヶ所で3本見つけました。


ナチュラル寒冷地仕様

3度目の正直?で、自分の住んでいる関東地方南部平野部でも
積もるくらいの雪が降りました。

重く湿っている


12時の段階でのカングーの様子でした。
北海道とは違い、重く湿っているボタ雪です。
だからなのか、軽トラのワイパーがぐんにょり曲がってしまっていました。
一応手曲げで応急処置はしておいたのですが、あれほど言っておいたのに...。

それで気付いた、カングーのダブルバックのリアワイパーは
標準状態でも寒冷地仕様車のように縦で止まっています。
ハッチバックだと普通に横位置みたいです。
積雪時に立てておく手間が省けました。


楽しくないはず

買物に出かけた某スーパーの駐車場で、
左から中央部分にかけてのリアトランクを
べっこりへこませている国産コンパクトセダンが停まっていました。
やってしまった直後のようです。

紅葉マークをつけた妙齢のご婦人が運転されていましたが、
スーツ姿の保険会社の担当らしき人が駆けつけるまでの10数分間、
同乗していた同世代のご婦人3人と
ぶつけたクルマの傍らで談笑されていました。

ケガもなくてそれはそれで結構なんですが、自分だったら笑えないです...。
普段からぶつけ慣れしているような雰囲気(擦り傷たくさんとか)
というわけでもなかったんだが、肝が据わってらっしゃるんですかね。
万が一自分がぶつけられた相手にヘラヘラされたら
通常の5割増でへそを曲げたいと思います。


さりげなく重要

2月に入って、ルノーのお店は「ツール・ド・ルノー」という
キャンペーンを実施するそうです。
購入したのとは別のディーラーさんからDMが届いたのですが、
同封されていた案内状にちょいとした手書きのメモが。

「カングー現行モデルは、2008年7月をもって
フランス本国での生産を終了させていただきます。
購入を検討されている方はお早めに!」

...あっさりと書かれているが、重要事項な気がします。

慣れるとアホみたいに便利なサテライトスイッチ対応の
富士通テン製HDDナビが工賃込み10万で取付できたり、
試乗された方にはオリジナルブランケットをプレゼントしたりと
大変魅力的なキャンペーンです。
そのへんもひっくるめて購入を検討されている方はお早めにどうぞ。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。