きょうのダブルバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5日遅れで

まがりなりにもカングーオーナーですので、
基本的なアイテムとして押さえておきました。

焼けやすそうな表紙


06モデルってお得だったんですかね。


スポンサーサイト

晴天に恵まれて

全国的に好転に恵まれた「昭和の日」でしたが、
みなさまいかが過ごされたでしょうか。

ガソリンスタンドは朝から給油&洗車で大変混雑してました。
近所に停まっている某国産旧車のオーナーさんは
工具片手にツナギ姿でジャッキを当ててました。
そう言われると比較的すれ違う珍車の数が多かったような。

宝くじは買ってない


オドメーターは1並びになりました。
バタバタしたこともあったけど、いい1日だったんじゃないでしょうか。


安いのはいいが

やっぱり高速バスの車内に11時間はきついですかねぇ...。
後ろの日程も立て込んでいることを考えると
ちゃんと横になれたほうが体力的には楽ですよねぇ...。


実用性をとるか?

カングー純正のフロアカーペット(≠オプションのフロアマット)、
前に乗っていた某国産車のものと比べて汚れが落ちにくいです。
ガソリンスタンドのマット洗い機を使ったり
シート用の泡クリーナーを使って付属のブラシがけしたりしましたが、
結局めんどくさいんで洗濯用洗剤を振りかけたわしで擦ることに。

んー、でもなんか薄汚れてます。

駐車場は未舗装、車内土足禁止しようとも思わないので
今の環境下で泥がつくのはしょうがない話です。
やっぱりこのへんのラバーマットみたいなのにしといたほうがいいのか...。


混むのはイヤだ

カングーの燃費報告です。

今回は11.7km/Lでした。

揮発油税などの暫定税率を復活させる租税特別措置法改正案、
再可決される可能性が高まってきました
(らしくない固い言い回しで落ち着かない)。
ガソリンスタンドの前で列をつくるのも楽しくないので、
燃料ゲージは半分ぐらいを示していましたが混乱を避けて給油。

ガソリン絡みの変な事故でも起きないといいのですが...。


チェッカーいらず?

輸入車ではよく聞くバッテリーの突然死。
そうでなくても点火系に爆弾?を抱えているうちのカングー、
出先で動かなくなった日には泣くに泣けないので
適当なタイミングで交換しようとは考えているのですが、
いまさらながらこんな機能が使えそうなことに気付きました。

購入して1年経過


ディーラーオプションの某松下製ナビの設定画面ですが、
アクセサリー電圧を表示してもらえてました。
安くていいからバッテリーチェッカーでも仕入れてくるかと思ってましたが、
買わずに済みそうです。
とりあえず現状は12.6V、まだ問題ないと判断。

その隣のスピード表示ですが、メーター本体とは約4キロの誤差あり。
でもどっちがあってるかは知らん。
あ、交通課のお巡りさんはすごく高性能な測定装置を持っているらしいですね。


そろそろスイッチ

きょう12時半時点、カングーの外気温計は23℃を表示。

ちょっと窓を開けて普通に外気導入すれば
気持ちいい風が入ってきましたが、もうすぐ冷房のスイッチを
いれなければ耐えられないような時期になるんですねぇ...。
個人的には寒い方がいいなぁ...。


冷やし中華

行きつけ(週3ペース)で行っている本屋さんの駐車場で、
シトロエンのC3に遭遇しました。

ビカビカに磨き上げられているわけではないが
内装はかなりきれいに保たれている様子で、
ソリッドの白塗装はいい感じにやれてきていてお手本にしたい感じです。

が、このネタを書くために久しぶりに
シトロエンジャポンの公式サイトをのぞいたら驚いた。
C2ともどもラインナップから落ちてるし。
シトロエンに限らず全般的にそうなんでしょうが、
「導入は派手に、撤退は地味に」というのがさみしいです。
「冷やし中華はじめました」の貼り紙は見るが
「冷やし中華おわりました」を出さないのと同じようなもんですか?

「新型カングーはじめました。」「現行カングーおわります。」
ルノーディーラーの店頭にぶら下げていてほしいですな。


値上げばっかり

ダンボールもガムテープもビニール紐も梱包材も値上がりしてる...。


アレを目標

連休も間近に迫り、バタバタする前にまとめて用足しに出かけました。

車両運用の都合上きょうはカングーではなく嫁の軽を使ったのですが、
そんなときに限って大型ショッピングモールの駐車場でカングーに遭遇。
黄色だしルーフキャリアも付いていて珍しいしわかりやすいということで、
これを目印に自車の位置を覚えておくことにしました。

買出しから帰ってくると、目標のカングーはいなくなってました...。
そりゃこっちの考えている通りにいかないもんですよ。


積めるだけ

私事で大変恐縮ですが引越しが本決まりになり、
業者さんの手配等ボチボチ準備を進めておるところです。
最大の懸案だった引越し屋さんも選定作業終了。
当初の予想よりいくらか安くはなったのですが、
その代償として自前で運ぶ荷物の量は増えました。

望むところだ。

貨客両用車の本領をフルに発揮してやろうと思っているのですが、
そこで問題が。
カングーの最大積載量は?

日本国内では乗用車扱いなので「最大積載量」の決まりは無いでしょうが、
ガソリン車の設定があるルノーシンガポール
カングーエクスプレスのテクニカルデータにはペイロード460kg。
同じくルノーUKのガソリンカングーエクスプレッションだと
ドライバー込みで525kgと妙に細かい。
もひとつルノーオーストラリアで見ると560kg。

...で、結局のところなんぼまでいいんですか?
自動車用品販売店のステッカーコーナーの端に置いてある
「最大積載量詰めるだけ」というアレを地で行くことになるのか?
えー、いざとなったら実家の軽トラを出します。


経年劣化

いきなり悲しくなるタイトルですが、購入して1年を過ぎたカングー、
きょうはこんなところで車体の傷みを発見してしまいました。

生々しい剥がれかた


ダブルバック左側、連動して点く室内&荷室灯のスイッチの
受けの部分に貼ってあるシール状の部品です。

画面中央、本来なら全体が白く見えていたはずなのですが、
きれいに?剥がれかかってグレーの地肌の色が半月状に現れています。
そんなに極端に開閉頻度が高いとは思わないのだが...。
けっこう汚れてはいますが元の色はちゃんと白かったので、
このへんもムダに気を利かせてボデーカラーとコーディネイトしていたのか。

そこはかとないポンコツ感が漂ってきて捨て難い雰囲気ですが、
スイッチ本体のゴムが破ける→水分&ゴミが入り込む→故障発生
なんてことにならないよう、なんか手当てしときます。


確認情報

で、CM出演中らしいとお伝えしたカングーですが、
本日ちゃんと裏が取れました。

「花キューピット」の「還暦のお祝いに、Happy Rose」というもので、
荷室に花カゴ(鉢?)満載でダブルバック180度オープン&
ピンボケで背景の駐車場に鎮座している、の2場面を確認しました。
あ、たぶん素のフェイズ2だと思われます。

車体の形状もそうですが、ボデーカラーが黄色というのが
画的にも良かったのでしょうか?
やっぱり白だと商用車イメージが強くなってしまうんですかね。

...こちとらそれゆえグラシエホワイトを選んだが。


未確認情報ながら

引越しが本決まりになりとっとと荷造りをしないといけないのですが、
今のところ日中も家にいる嫁の分のペースが一向に上がりません。
昼の連続ドラマの時間帯がネックになっているようです。

...それはさておき(あまりおいてもおけないが)その昼ドラの時間帯、
番組の合間に流れてる「花キューピット」のCMに
黄色のカングーが登場しているとの情報を得ました。
あくまで嫁情報のみで裏をとっていないので、
長時間録画をしかけて確認をとってみたいと思います。

そういえば以前、カングーを見に行った(≠購入した)ディーラーさんで
「管内の花屋さんを調べて、その全店にカングーのDMを送った」旨の
話を聞いたことがあります。
実際に2台ほど成約に結びついたらしいですが、
さぁこれが国産の商用バンだったらどうなったでしょうか?


色違いで全部

最近じゃすっかり厚底ブーツなんてものは見かけなくなりましたが、
クルマの運転はペダルの感覚がわかる底の薄い靴が理想ですよね。
ましてやこちとらマニュアル車、3つのペダルを扱わないと動かないし。

レッド&グリーン


愛用しているの某メーカーのスニーカーです。
底が薄いのはもちろん、かかと部分のソールが斜めにカットされていて
ハードなペダルワーク(一部誇張)にも大変具合がいいです。
これまでに4足履きつぶし、今度もそろそろ寿命かなと思っていた矢先に
特価コーナーで発見、同タイプを色違いで2足買ってきました。

ホワイトのボデーカラーとはまったくコーディネイトしていない赤と緑ですが...。


足が長い

嫁の軽自動車のガソリンを入れたところで、
ふと思い立って航続距離を計算してみました。

660ccの4AT、ターボなしでほぼ市街地走行のみの
今回の燃費は14.4km/L、タンク容量は一般的な30L。
単純計算では432kmですか。
新車当時のカタログ数値では18.4km/Lなんで、
それだと550kmはいけるはずなんですが...。

1600ccの5MT、ターボなしでほぼ市街地走行だったときの
カングーの燃費サンプルを11.0km/Lにして、タンク容量は50L。
となると実際に550kmは走れそうです。

購入したばっかりのころ、給油直後のオンボードデータで
「航続可能720km」とか表示されて「もうバグったか!?」と不安になりました。
しばらく走ったらちゃんと安定して相応の数値に落ち着きました。


血染めのハンドル

ちょっとシーズンには早い稲川淳二氏のトークのようなタイトルです。

本日、ケガで左手の親指の付け根あたりからを切りまして、
とりあえず絆創膏を貼って応急処置をしておきました。
が、思ったより出血が多く、気がついたら絆創膏の隙間から
貴重なAB型の血液が漏れ出る始末。

場所が場所なだけに、シフトノブとステアリングのほぼ左半分に
かなりの量の赤いものが付着してしまいました。
わかった時点で速やかに拭き取ってはみましたが、
そう言われるとなんとなく跡が残っているような...。
やっぱり室内に血痕があると下取り査定には響きますか?

そういえば、街道筋の怪しげな中古車屋さんに置いてある
必要以上に相場より安い高級車のトランクの内張りを剥がすと
75%ぐらいの割合で妙なシミがついているとかいうのは
いつごろどこで仕入れたムダな知識でしょうか!?


凝ってはいるが

テレビ埼玉の野球中継のスコア表示、
これまで見てきた画面の中でいちばん見にくい。


徹底比較!

引越しの準備のために多少なりとも部屋の片付けをしているのですが、
タイヤメーカーのカタログが束になって出てきました。

一般的にはトップページに一押し新製品がデカデカ出され、
プレミアム→スポーツ→スタンダード→オフロードみたいな流れで、
だいたい最後に申し訳無さそうに載っているのが商用車向けタイヤです。
で、今回はこの商用車向けタイヤコーナーにイメージカットで使われている
クルマを比較するという愚挙を行ってみたいと思います。
大型トラックまで行くと手に負えなくなるので、小型商用というくくりで。

06BS フォルクスワーゲンのちょっと古いLT?クラフター?
    T2とかT3とかメジャーどころではないやつ
08BS ボクスホールのコンボバン? 
08DL トヨタハイエース or レジアスエース
07YH ルノートラフィック/マスター/メルセデスビアノバン
08YH プジョーパートナー/ルノーの中型トラック?/謎のバン
07GY トヨタサクシード

本気で探せばもっと昔のも発掘できるはずですが、
捜索に1ヶ月以上かかりそうなので途中で引き返します。
それにしても横浜ゴムのツボをついたラインナップには驚かされます。
最近は特定の車種を出さない傾向が強いのかもしれません。
前はミシュランのカタログでサンバートラックを見た記憶があるんだが...。

90年代中盤の横浜ゴムのカタログにはカングーが出ていそうだ。


えらく久しぶりに

新型が発表され、新車で購入できる現行型のタマ数も激減してるカングー。
ディーラーさんからすればすっかりネタ切れ状態なのか
これといったキャンペーンもないなと思っていたら、
こんなもの発見。

6万円相当の折りたたみチャリ、ご成約プレゼント。
しかも「シタダン18」ってシブめの正規輸入さえされなかった
パッとしない時代のルノー車と同じ数字が使われているか。

以前、別のディーラーの成約プレゼントも自転車だった気がしているのですが、
キーホルダーや携帯ストラップなんかと同じように
販売促進グッズみたいな形で回ってくるもんなんでしょうか。
ルノー車自体そんなに走ってはいないですが、
それに輪をかけてこの自転車も見かけません。
フレンチブルー開催中の車山高原あたりでは生息していそうですね。

...舗装路でいいんで試乗させてもらえませんかね?


最新鋭機

先日通った田園地帯で、後輪にクローラをつけたトラクタを見かけました。
クローラと言ってまず思い出すのはホンダのアクティ・クローラですが、
さすがに現車に遭ったことはないですな。

で、そのクローラがついたトラクタ、大手農機具メーカー・クボタが
最近イチ押しらしい最新鋭機種「パワクロ」のようでした。
そういや実家もクボタ派で、おととしだかトラクタを買い換えたのですが、
それがエントリーモデルの「ブルスター」という名前なのは今知った。

最寄のディーラーは検索してわかったので、試乗とかさせてもらえないですかね?
できれば未舗装路でもお願いしたい。


妙なものに

あちこちの自動車雑誌やサイトで取り上げられ、大人気のフィアット500
ボデーカラーの名前がイカしていていいですね。
「欧州小型車」というくくりからすればカングーと同じですが。

嫁がフィアットオートジャパンの公式サイトを見つめているので、
「足の軽自動車をパンダマキシにでもするのか?」
「旧顔ムルティプラはとっくに絶版になってるぞ!」とでも言おうとしたら、
こんなものをいますぐ買い物カゴに入れそうな雰囲気を出していました。

ネット販売に対応していなくて助かりました。

日本国内最多量販車種のルノー車のダブルバックを開けたら
「FIAT」と大書きされたスーツケースが出てくるって...。
おとなしくドブロにしろって話になるだろ。


本当に下がってる

カングーの燃費報告です。

今回は12.1km/Lでした。

往復250キロの中距離ツーリングが好記録に貢献したでしょうか。
満タンで36リッターのハイオクを給油したのですが、
総支払額は5000円を切りました。
本当に20円/L以上値下げしていたんですねぇ...。


3月のご愛顧

ご観覧いただいている皆様、大変お世話になっております。
3月のアクセス解析の結果です。

3月の検索ワード1位

「ハイゼットデッキバン」「スバルバハ」

一応カングーが主役を張っているはずのブログですが、
検索に引っかかるのは珍車のほうが多いようです。
バハはともかく、よくできるダイハツの営業さんが知り合いにいることだし、
ハイゼットのデッキバンの「使い勝手チェック」や「ロードインプレッション」は
責任をとって載せるべきなんでしょうか(笑)。

もちろんトータルすればカングーに関する検索が多いんですが、
「カングー AMラジオ 感度」や「カングー コンソール 低級音」などという
大変身につまされる内容はルノー本社で対応をお願いしたい。

だいじょうぶです、クルマ自体はちゃんと動くはずですから。


波風立たず

激戦地では分刻みで値下げ競争をしていたガソリンの価格ですが、
自宅の周りでは表向き平穏な様子でした。
在庫分がはけてから値段を下げるという至極真っ当な方針のようです。
行きつけのガソリンスタンドは3月最終週ぐらいから動きが鈍り、
31日はスカスカな感じでしたが、きょうはほぼ平常通りの客入りみたい。
もちろん1日中観測していたわけではないですが...。

現在のカングーの燃料残りゲージは3。
ぼちぼち給油しようと思うところですがタイミングが難しいです。
満タンで1000円は違うもんなあ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。