きょうのダブルバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎月恒例

すっかり月末の恒例行事になりつつある
値上げ前のガソリンスタンドの混雑ですが、
給油待ちの間にエアコンつけてエンジンかけてたら
その分燃料をムダに消費していることになるのではないのか?


スポンサーサイト

わかりやすいところで

住友ゴムDV-01


ご覧いただいたのは残念ながらカングーではなく、
実家のハイゼットトラックの新しいシューズ(←うるさい言い回し)です。

がっつり逆向きに写っていますが読めるでしょうか、
ダンロップの主力商用タイヤ、DV-01です。
ちなみにメイド・イン・インドネシアでした。
交換直後の30kmほどのインプレッション...と言われても慣らし中だし、
専門家ではないのでうまいこと説明できんのですが、
マンホールや段差を乗り越えたときの衝撃は間違いなく小さくなりましたね。
耐久性や積載時のしっかり感はまだわかりません。

あ、パッと見てすぐわかるのはバランスウェイトの量が少なくて済んでます。
ホイールは前のハンコッ○と変わらない純正鉄チンですから、
今回のダンロップのほうが工作精度が高いんでしょうか。

ただ、店頭で最初表示されていた価格+工賃その他の見積もりが、
実際に支払った金額とものすごく開きがあったのはどんなもんでしょう。
クーポンも使ったとはいえぶっちゃけ40%ぐらい下がったぞ。
いやもちろん安くなったんで家計的には大変助かったんだけども。

やっぱり新品はいいなぁ。


生まれてから2度目

某国道沿いを走行中、生まれてから2度目の経験をしました。

「ヒッチハイク」している人を見た。

地方の低予算深夜番組なんかでネタとして
若手の芸人さんがやらされているのはたまに見るのですが、
段ボールにマジックで行き先を書き親指を立てている姿は
実際に遭遇してみると新鮮です。

まったくもって自分と逆方向、なによりこちとら仕事中でしたので
あっさりスルーしましたが、3時間ぐらいで捕まえられるといいですね。


そのうちなるの?

とりあえずの懸案事項、軽トラのタイヤがほぼ決まりました。
原価いくらなんだ4本で9800円って!という中国産、
いまだけならもっと安くしますよオリジナルブランドなどありましたが、
性能と価格のバランスを考慮して某国産メーカーになりそうです。

で、おもしろがってあちこち回ってはみたのですが、
思っていたより冷遇されてますね商用車タイヤ。
主力どころを含め各社から発売されているはずですが、
タイヤメーカー系列の店で自社ものしか置かないのはともかく、
大手量販店でも在庫しているのは1社か2社だけ。
無かったら即日もしくは翌日での取り寄せでというものばかりでした。

じゃあBSとDLとMIでどう乗り心地とハンドリングが変化するかわかりませんが、
そのうち日産とマツダと三菱で商用車を供給しあっているのと同じく、
商用タイヤはメーカー同士でOEMしあったりするのかもしれませんな。
名前は違うけどトレッドパターンも価格も一緒ですからと。

軽トラのタイヤなんざ比較検討する人間はごく少数なのかもしれません...。
あと、激安タイヤはワイパーブレードのごとく
1年で履きつぶすのが今のトレンドらしいです。
まぁ溝のないタイヤで滑らせながら走られるよりはいいのか?


車内安全

すれ違った某1.5tトラックのドライバーさん、
串に刺さった状態のもの(焼き鳥?)を食していました。
もちろん運転中です。

MT車だったんでしょうか?
それはそれで上級テクニックかもしれませんが、
これで急ブレーキを踏んで串が刺さった場合に
保険金は払ってもらえるのでしょうか?


いまさらつっこむ

大変評判の良い「カングー図鑑」、ウチにも届いてました。

とはいえ、わたくしフェア当日は厳島神社で鹿と猿に襲われ、
広島市民球場でスクワット応援に明け暮れていたので(ウソ)
ディーラーさんには行ってないのですが、結構盛況だったらしいですね。

で、いまさらながらその中の写真につっこみを入れたいと思います。

後で泣くぞ


あー、その順番ではダブルバックが閉まらないですよー。
ルノージャポン広報、ちゃんと原稿のチェック入れとけ。


絶対量が減ってる

ウチのカングー車内では相変わらずのノイズにめげず
AMラジオがものすごい高確率で流れております。

当然頻繁に交通情報を耳にする機会も多いのですが、
最近特に高速道路の渋滞が短くなっているような気がします。
関東地方南部平野部に住む人間なら何度か聞いたことのある
「渋滞の名所」(一般道)が近所にあるのですが、
そこでの流れも比較的スムーズな様子。

もちろん渋滞箇所がゼロになったわけでなく、
今まで混んでなかった交差点が新たなポイントになったりしてますが、
これだけ燃料代がかさむとクルマの絶対量が減っているのかもしれません。
目的地まで順調に着けるのは唯一のプラスでしょうか。

やっぱり「トラフィック・アップデイト」より「交通情報」ですよ。


メインキャスト

タイヤを探しに出かけた某大手自動車用品販売店にて、
女性客向けのフリーペーパーを見つけました。
表紙はまったく気にせずに手にとってめくってみたら、
現行カングーが巻頭特集で主役を張っていました。

便利な世の中になって、現物のペーパーがなくても
電子ブックで同じ内容が閲覧できます。

巻末では「おしゃれでかわいく、しかも便利なクルマ」とか紹介されてますが、
それだけで購入しちゃうと後で泣きを見ることがあるかもしれませんよー。
基本的に気を使わなくても動くものだとは思いますが、
ちょっとだけ気を使ってやれば長持ちするはずですし。


見た目が違う

会社の同僚も新車を購入しました。

1世代だけで絶版車となってしまったダイハツYRVという
そっち方面の通か関係者っぽいマイナーな渋めのクルマから、
ホンダのフィットというメジャーど真ん中な買い替えでした。
「リッター15kmは余裕で走る」と大変満足そうで結構ですが、
下取りの話を聞こうとしたら遠い目をして押し黙ってしまいました。

でそのフィット、普通に1.3Lの売れ筋?と思われるグレードを選択したため、
タイヤのサイズが175/65R14とカングーと一緒。
標準装着はヨコハマのアスペックA349というタイヤでしたが、
見た目がカングー標準装着のミシュランと違いますねぇ。
ヨコハマはショルダーが角ばっていてスポーツタイヤっぽい感じ、
ミシュランは逆にラウンドが強くスタッドレスみたいな雰囲気。
実際の性格は同じクルマで履き比べたわけではないのでわかりません。

1.3Lと1.6Lでサイズが一緒ですか。
最近のコンパクトクラスがでかいんですか?
...カングーがちっちゃいんですね。


調子悪い...

ここ2日続けて、右折時にカングーの側面を擦っております。
どちらも生垣相手、筋はつくが傷はつかない状況なので
極細コンパウンドあたりで用事は済ませられそうなのですが、
枝が当たる「きゅぅ」という音を聞くたび例の一件を思い出して
結構ブルーな気持ちになります...。

本人はまっすぐなつもりでも駐車場に曲がって入ってることが多かったり
たまに耳鳴りや立ちくらみがあったりと、
もしかしたら耳の調子がよろしくないのかもしれません。

やっぱそろそろ人間ドックなお年頃ですかね?


流れは大事

行きつけのガソリンスタンドで嫁の軽に給油をしました。
リッター16.3km走ってるよ優秀だなとか思っていたら、
いつもとちょっと違う流れで支払いをしようと気をとられ
給油口を閉めるのを忘れてしまいました。

元スタンド従業員だったのに...不覚。

セルフ式でしたが給油機近くにも店員さんがいて難を逃れました。

商用車に多い「自車の鍵で一式まとめて開ける」タイプは
乗用車で一般的な「室内のレバーで給油口を開ける&ねじ込みキャップ」より
トラブルは避けられるのは間違いないですね。

こんなところでも商用車ベースなのが効いてますね、カングー。


好かれているのは...

虫に大変好かれているカングーですが、
今朝乗り込もうとしたときに愕然としました。

4匹ゲット


画像では大変わかりにくいですが、クモの巣はってます。
しかも2ヵ所。
このほかにダブルバックのドアハンドル付近と
リアワイパーの付け根にも生息していました。
中2日あけてのカングーの出番だったとはいえ...。

ポンコツなのは自覚しているのですが、
それとはちょっとベクトルが違うポンコツ感が出てました。
当然そのまま走り出しましたが。


偶然とはいえ

特に宅配のトラックや郵便の配達車なんかはリアゲートのところに
ドライバーさんの名札が差してあるのを見かけます。
「私は安全運転をしています」のコメントが脇に添えてあるやつ。

で、きょう前を走っていた某ネコのマークの宅配便のトラック、
ドライバーさんの名前が同姓同名でした。
そんなに貴重でもない名字&割と平凡な名前の組み合わせですが、
ものすごい違和感とちょっとの恐怖感がありました。
都内のどこかの市の教育委員と山口県のどこかの漁協の支所長さんに
同姓同名がいるのは知ってましたが、これで3人目。

悪いことで有名になっていない名前なのは幸いですか。
知人に某爆弾テロの犯人と同姓同名がいたもので...。

あ、日本人ですよ。


ありがたい原因不明

カングーの燃費報告です。

今回は13.3km/Lでした。

計算を間違えたかと思いましたが、これぐらい走ってくれました。
伸びる要因がわかりません。
とりあえず空気圧はじゃっかん高めにしてあります。


ちょっと気まずい

嫁の軽のタイヤ交換うんぬんの前に、
実家の軽トラのタイヤがかなり減ってきたとの連絡がありました。
新車で装着されていたのは某韓国製「RA08」という銘柄でした。
乗り心地やウェットグリップはボチボチっぽいですが、
耐摩耗性という点では(少なくともウチの使用環境では)イマイチなようで...。

で、最寄のメーカー系列のタイヤ販売店で様子をうかがったわけですが、
えー、きょうは別のタイヤメーカーのロゴが胸にワンポイント入った
ポロシャツ(当然もらいもの)を着ていたことをすっかり忘れておりました。
入店直後の店員さんの視線がそこに行ったことに気付いて
じゃっかん後ろめたいものがありました。

結論:軽トラ向けのLTタイヤもピンキリですね。

カングーは最低あと2年ぐらいはもってくれるはず。
嫁の軽は年内には換えたいところか。


世界遺産車

これまでの野球観戦遠征では「球場直行→宿もしくは自宅直帰」
というケースが大部分を占めており、一部から不満の声が上がっていました。
じゃあ徹底的に観光してやろうじゃないかということで、
今回の広島訪問では世界遺産の厳島神社を含めて宮島へ。

超メジャー観光地なんで詳しい紹介は各自お調べいただくとして、
個人的な感想としては

「鹿と猿とカングーの島」。

フェリーで島に渡ったら想像以上の鹿の群れに遭遇し、
ロープウェイで山頂に上がったら想像以上の猿の群れに遭遇。


レッド&イエロー


ご覧頂いたのは厳島神社横の駐車スペースです。
赤い壁の横に黄色のカングー(07モデル?AT)が鎮座しておりました。
このほかに土産物屋さん脇の駐車場にも青のオーセンティックがおりまして、
なぜそれほど大きくない島内で2台も遭遇するか!?
ルノー広島北&福山ががんばった結果でしょうか。

この撮影の直後、胸につけてたバッヂから推測するに
オーストラリアからと思われる観光客のご夫妻が通りがかり、
カングーを指差して大爆笑されてました...。

「あらアンタ、ウチの店で使ってるライトバンがこんなとこにあるっぺ!」
「んだ、なんでこっただとこで見るとは思わなかったっぺ!」
みたいな会話でもされてたんでしょうか。
あれか、日本人が海外でハイゼットでもみかけたような感じ?


浸透せず

広島遠征にはおとなしく飛行機(当然マイル交換)を使ったのですが、
広島空港から市内までの移動には高速バスを利用しました。

6月1日からバスの乗客なんかにもシートベルトが義務化されたはずですが、
車内での着用率はざっと3割。
案内看板を掲示していたりアナウンスで呼びかけたりしてましたが、
みなさんあまり関心が無い様子で...。

結構アグレッシブな走りをされたドライバーさんを信用しないわけではないですが、
もちろんなんかあったときにムダに負傷するのはご免こうむりたく、
こちらはきっちり着用させてもらいました。
ただ、個人的には2点式の腰ベルトだけというのが納得行きません。
普通に3点式とか装備しているバスをつくる気はないんですかね?


08-2戦目(通算17戦目)

2日遅れですが6月7日、広島市民球場で行われた
プロ野球日本生命セ・パ交流戦、広島東洋カープ対オリックス・バファローズ
第4回戦を観戦してきました。

試合結果はこのへんを参考にしていただくということで。
正直狭い広島市民球場、空中戦でBuが大勝しました。
ただ、ホームラン5本のうち4本ぐらいは他の球場だとフェンス直撃、
もしくはイージーな外野フライというな当たりだったような...。

特に東日本の住民にとっては馴染みが薄い両チーム、
今シーズンの成績も微妙なこともありギリギリまで指定席にするか迷っていましたが、
お得だからという理由で観戦セット(外野指定)を事前購入していて正解でした。
乳がんの早期発見と治療を呼びかける「ピンクリボンキャンペーン」の一環で
球場をピンクに染めようと5000人が招待されたそうで、外野スタンド満員。
前後左右に空きが無い座席で野球を見たのは何年ぶりでしょ!?

狭くて古い感じが否めない部分はありますが、
初めて来たのに落ち着ける雰囲気がありました。
今シーズンで閉鎖されてしまう予定のようですが、
その前に観戦できて良かったと思いました。


うす曇の広島市民球場



もらいもの

無事遠征から帰ってまいりました...といつもなら報告するところ、
あまり無事ではなく帰ってまいりました。

ありがたいお土産、「ものもらい」らしきものをもらってきました。
痛みはだいぶ引いたものの、右目は大変うっとうしい感じです。

とっとと寝ます。


忘れてた

金曜の夜から球拾い遠征にでかけます。
まったく土地勘がないので心配ですが、
今回は公共交通機関のみを使う予定でおります。


何をお望みで

親戚の家でクルマを買いました。
11年落ちぐらいのカムリ(1.8L)からカローラアクシオ(1.5L)の新車。

全長だけちょっとダウンサイジング、
取扱は同じカローラ店と至極普通の買い替えのようですが、
どっちもトランスミッションはマニュアルでした。
「MTのセダン」というのが購入の絶対条件だったようで、
となれば選択肢はものすごく狭くなりますな。

ちょっとだけ車庫入れアシストで試乗をしましたが、
スマートエントリーはついてるはプッシュスタートボタンはついてるは
ナビがないのにバックモニターだけはついてるは
装備的にはなんの不満もないでしょう。

カングーもマニュアルがある旨を話しましたが、
「ライトバンはダメだ。」とばっさり切り捨てられました。
実もフタもない。

実用性はものすごくあるんですが。


その場で食っとけ

ゆであげ後10時間を経過した冷やし中華はイマイチでした。
タレをかけたまま冷蔵庫に入れた時点で間違いに気付くべきでした。

ものすごい敗北感に打ちひしがれております...。


システム作動!

本日の関東地方南部平野部は、台風と梅雨前線の影響で
朝からけっこうな量の雨が降っていました。
ついでに、うちのすぐ前ではガスだか水道だか見落としましたが
道路を掘り起こして工事中、仮設で鉄板が引かれています。
嫌がらせのように、目の前にネコが飛び出してきました。

ヘビーウェット+タダでさえ滑りやすい土砂が載った鉄板
+走り始めなんでタイヤも冷えている+緊急回避
=EBD付きABSとブレーキアシスト作動

最重要保安システム、ちゃんと動きました。

SRPシステムは使う機会がないほうがいいです。
あ、車速感応式オートドアロックは解除しているので
衝撃感知自動ドアロック解除機能は働かないはずです。


煙幕

カングーの駐車場は林のすぐ脇に位置していることもあり、
樹液の被害に悩まされています。

まぁそういう環境ゆえ、最近はそれに加えて虫の侵入が多いです。
アリとかガとかクモとか得体の知れない羽虫とか...。
本人は自然との共存をテーマに日々の生活を過ごしているので
(かなり誇張)あまり問題にしていないのですが、
北の大地出身の嫁は発見するたびにビービーうるさいです。

先日はドラッグストアの一角で燻煙タイプ(バルサ○とか)の殺虫剤の
3缶セットを手に取り、「家庭用のものをクルマに使っていいのか?」と
真剣な顔で聞いてきました。

あんまり追求するとやっかいなことになりそうだったので
「店員さん、もしくはメーカーのお客様相談室に電話しろ。」という返事で
軽くスルーしておきました。

で自動車用はどこのメーカーで発売しているんですか(笑)。
一応輸入車対応品でお願いしたい。


5月のご愛顧

ご観覧いただいている皆様、大変お世話になっております。
5月のアクセス解析の結果です。

5月の検索ワード1位

「ルノー静岡南」

エンスーカーガイドもようやく品薄?状態が解消されつつあるのか、
他ワードと比べてトリプルスコアでの首位でした。

その他「スチールホイール」「鉄チン」「コンチネンタルタイヤ」といった
カングーのバネ下関連での問い合わせが急増中。
さすがに5月も過ぎればスタッドレスから夏タイヤに交換していい時期ですよね。

あ、タイヤに関してですが、陸揚げの段階での検査の時点で
事前に申請していたコンチならコンチ、ミシュランならミシュランと違うと
サイズ以外はまったく一緒なんだけどそれだけで
1台1台再検査しなくちゃいけなくなるという裏話を聞きました。
ついでにヘッドライトのメーカーとかそのへんに関しても
国内の基準には適応しているのに突き帰されて再検査送りになると。

えぇ、もちろんこんな扱いをするのは日本だけだそうです。
経済産業省か国土交通省かわかりませんが、
メーカーが違うとどこが問題なのか合理的な説明を求む。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。