きょうのダブルバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカイが安い

地上デジタル放送に対応すべくテレビの買い替えを検討中!
ではなく、気まぐれに電気屋さんで液晶だのプラズマだのの
テレビを見て回っていたのですが、
同じメーカーの同機種のサイズ違い品、
小さいほうが高いのはどういうわけなんでしょうか?

売れ筋なんで大量に仕入れたからとか安く出せるとかいうのが
正解なところなんでしょうが、何か腑に落ちません。
ついでにまったくの同機種同サイズなのに
枠の色が違うだけで5000円ぐらい価格が違うのも納得行かず。

そんなこといったら車両価格だけを見た場合、
排気量660ccの軽自動車が1300ccクラスのコンパクトクラスより
はるかに高いケースなんてのはいくらでもありましたね。
部品の点数からすればほぼ一緒なんでしょうが...。

軽自動車が高いの?普通車が安いの?


スポンサーサイト

共同戦線

新聞の折込チラシをチェックしていると、
なにやらこれまでと違った毛色の自動車関連のものが。

中古車情報誌にある車体の写真とコメントが載っている体裁ですが、
近隣の複数の中古車屋さんが共同でチラシを作ったようで、
「軽新古車専門店!」とか「とにかく安いクルマをお探しなら!」とか
「低走行車にこだわってます!」などとキャッチフレーズが踊っています。

一時期に比べて新車メーカーの折込の数はガクッと減っており、
かわりに軽の新古車店とか車検業者さんなんかを見るようになりましたが、
共同でチラシを出しているのは初めてでしたね。

国産輸入問わずかなりの台数が幅広く掲載されていましたが、
本格的に職種が動いたのはR2のHID装着の低走行車ぐらいだったのは
現状で十分満足だからです。


効き目いまいち

朝方は横殴りのかなり強い雨、10時ごろには上がって
急に陽が差してきたのですが、そんな気象条件ゆえ
かなりガスがかかって視界がよろしくなかった関東地方南部平野部。
カングーも室内の換気は気にしているのですが、
過去最高なくらいフロントウインドウがくもってしまいました。

で、購入時から標準で装備されている「デフロスタ」という
高級な機能を使ってみたのですが、どうも効き目が芳しくない。
外気導入モードを確認したり噴出口の調整をしているのですが、
特に視界の上の方のくもりが取れるのに時間がかかりますね。

大変に見晴らしが良いカングーなのですが、ガラスの面積がでかい分
こういうところがちょっと気になりました。


新天地を求めて

なんだかんだで今シーズンも4試合(非公式戦含む)観戦したBCリーグ。
群馬を本拠地にするチームが増え日帰り可能な球場もできましたが、
出身地でもない関東地方南部平野部に居を構えている人間では
極めてまれなケースだと思われますが、
それだけ見ていればやっぱり情も移ってくるわけで。

自分と同じ地元出身の某富山の選手は、今シーズンの公式戦終了直後
球団から戦力外を通告されていました。
同じく地元出身、高校の後輩だった某信濃の選手も退団。
さらにキャッチボールの相手をしてもらった某石川の選手も球団から戦力外通告。
独立リーグとはいえ野球でメシを食っている「プロ」なわけで、
新入団選手がいれば出て行く選手もいることは当然なのですが...。

で、ひょんなことからそのうちの2人が、来シーズンから本格始動する
関西独立リーグ」の球団に所属していることがわかりました。
最近ではその中のチーム、神戸9クルーズに
日本初の女性プロ野球選手が誕生!ということで話題になったリーグですね。

合同トライアウトからドラフトを経ての入団だと思われるのですが、
どちらもまだまだ若くて伸び代があると勝手に陰ながら応援しているので
つまらないケガなどせずに走って投げて打ってもらいたいもんです。

明石と神戸と和歌山と大阪と滋賀がフランチャイズか、
カングーで行けなくもないが距離的には大変微妙だ...。


いただきました

自宅に届いておりました。

未開封美品

「2009ルノーカレンダー」&「新型トゥインゴミニカー」です。
今年も宛名なしで届いていたので、
営業さん自ら手配りされたものと推測されます。

あー、まだ点検の予約入れてないや。


突っ込みどころ

ルノージャポンが大変にプッシュしている新型トゥインゴ。
自動車雑誌はもちろんのこと、一般紙や電波媒体など
多角的に宣伝を展開してるようです。

その中のひとつに「アクトオンTV」というものもありまして、
ケーブルテレビなんかでは好きなタイミングで番組を見られたり
ネットで動画が配信されていたりという大変便利なものです。

で、そのアクトオンTVの新車情報ルノートゥインゴ
ちょっとツッコミを入れたくなる場面がございまして
(リンク先の動画は11月30日までの限定だそうでお早めに確認を)。
25分20秒ごろ、モデルの女性が颯爽と運転席から降りてくるのですが、
ハイヒールで運転するのはいかがなものかと。
この状態で微妙なペダルワークをするのは大変に難しいのでは。

一方で「モーターファン別冊ニューモデル速報」。
不定期刊で発売日がわからないんだよなとか言いながら
最近では毎号購入しているのですが、
こちらの名物?使い勝手のコーナーでは
出演のモデルさんがどんな靴でポーズをとっていようとも
運転席に座っている場面では必ずローヒールに履き替えて撮影しています。

細かい部分と言われればそれまでですが、
後席のシートアレンジだのナビの機能がどうだのの前に
ちゃんとしたステアリングやペダルの操作が基本だと思うわけで、
メーカーさんががんばって軽量化とかエンジンの改良を行っても
雑にアクセル踏まれりゃ燃費の向上なんか吹っ飛びますね。

ここしばらく自分の靴選びのポイントは「かかと」(と「かかく」)だったりする。


イベント多数

カングーの燃費報告です。

今回は12.2km/Lでした。

新型トゥインゴ試乗、フレフレ幕張参加、
7年ぶりのレーシングカート乗車などイベントは盛りだくさんでしたが、
燃費はほぼ平均的な数値に。
このペースだと年内の給油はあと1回で済むでしょうか。


冬を感じる

カングーの外気温計、きのうの朝は今シーズン初めて
凍結注意を表す点滅表示がありましたが、
今朝は今シーズン初めてマイナス表示が出ました。
北海道・東北、甲信越地方のみなさまあたりには笑われますが、
関東地方南部平野部では厳しく思われます。

フロントウインドウはガチッと凍てつき、
ウォッシャー液も水で薄めすぎたので凍結して出ず。
水温計の上がり方も非常に鈍いですね。

屋根なし軽量運動車でなくても十分に冬は感じますね。


買うものはない

ウチからいちばん近いわけではないが日頃から利用している
某大手自動車用品販売店からDMが届きました。

近所にはかなり大規模で品揃えも豊富な店舗があるにもかかわらず、
手頃なサイズで実は地味にお買い得品が多く、
なにより店員さんの知識&メカさんの作業がしっかりしている
店の方に足が向いてしまうわけで。

でそのDM、スタッドレスタイヤとアルミホイールのセットとか
ポータブルナビなんかが紹介されていたのですが、
すまん、載っている中には買うようなものが何もない。

レインXなんかの消耗品を見に行く所存です。


信用できる

先日のフレフレ幕張から帰る途中、某ネッツ店に寄り道しました。
リラックスモードがイカす10月にマイナーチェンジしたbBが目当て
...ではなく、11月20日から全国発売なのにも関わらず
すでにカーオブザイヤーを受賞しているiQを見に行ったわけで。
現車が文字通りいま到着したばかりらしく、
パーテーションの組立をしているところを
一時中断させる形になってしまったのは申し訳ない。

で、応対に出てくれたのはことし入社の新人営業さんで、
「排気量は1000ccだけど内装の仕上げは高級車と同クラス」
「正直おとなが4人乗るのは厳しいです」
「いままで輸入車に乗っていた方からの問い合わせが多い」
「思ったよりヴィッツと競合させる人がいるので驚いた」
などとひと通り説明を受けたあと、
「お客様が乗られているのはルノー車ですか?」という展開に。

はいそうですよ、ファンカーゴとかラクティスじゃなくてすまない旨伝えると、
「いや、自分も一時期クリオを買おうかと真剣に検討していたもので。」と
意外な返事が。
いきなり「ルーテシア」じゃなくて「クリオ」ですよ。
「カングーに乗られているような方からすると、
エンジン音はおもしろくないかもしれないですね。」という率直な感想まで。

いいのか、トヨタの営業がこんなにぶっちゃけて!

大変気に入ったので、万が一ライトエースバンなんかを購入の際は
ウチからはちょっと遠いがここのディーラーさんにお世話になろうと思います。


初参戦

久しぶりにちゃんとしたカングーのネタを載せてみます。

本日は「“French-French” in カルフール幕張」に参加してきました。
カングーオーナーになって1年7ヶ月、
実はその前にも某フランス車に乗っていたにもかかわらず、
こういったミーティングに参戦するのは実は初めてでした。

9時から開催でしたが、自分が到着したのはちょうど10時。
カルフール幕張店の屋上駐車場にはたぶん80台ぐらいの
フランス車(一部イタリア&ドイツを含む)がすでに集合していました。
カングー村もかなり大きかったのですが、なんとなく気後れして
ちょっと離れた場所に置いて会場の様子を伺うことに。

参加費とか一切かからないにもかかわらず、受付を済ませると
ステッカーやらなんやらを頂いていきなり申し訳ないモードに突入。
せっかくなんでと入口近くに停めてあった
白い2CVをのぞきこんでいるとオーナーさんがいらっしゃいまして、
なんだかんだでご一緒させていただくことに。

エクスプレスとかキャトルとかBXとかC6とかC4とかC3プルリエルとか
見て回ったのですが、やっぱり旧世代車種は影が薄かったですかね?
アルピーヌあたりは存在感ばっちりだったんですが、
ちょっと前の「ベーシックなフランス車」というのは
かなり個体が少なくなっちゃったんですかね?
まぁ「お前はどれだけ妙な車種を期待していたんだ?」と言われそうですが。

2CVはやっぱりいいですね。
それから、こんなツアーもあるようですので、興味のある方はぜひ。

この中にはいなかったりする

あ、結局ほかのカングーオーナーさんの話を
まったく聞かなかったのはどういうことなのかな...。


特価品ゆえ

某大手スーパーのPB商品の濃縮還元パインアップルジュース、
2度の値下げを潜り抜けた特価品を購入しました。

...もっとのどが渇いていたらおいしかったと思われます。

同時に買ったオレンジには期待する。


時の経つのは

大変早いものでして、もう11月の中旬に入りました。
ルノーさんからおハガキが届きました。
カングー「12ヶ月点検のご案内」です。

試乗車のトゥインゴGTと代車を楽しむために行きます。
ディーラーさんの親会社ではスズキ車も扱っているので
新発売のスプラッシュなんかがシャレで置いてあったりすると
ムダに150kmぐらい走り回ってきそうなんですが、
たぶん旧型ワゴンRの売れ筋グレードあたりの
無難な線で落ち着くと予想されます。


カタログも置いとけ

先ごろ、豪華ディナーを楽しもうかと
近所の某大手ファミリーレストランチェーンに寄ると、
出入口にでかでかと新型ライフのポスターが掲示されておりました。

身内に元号が平成になってからの一時期「ステップバン」を
2台色違いで所有していた変わり者がおりまして、
あー、そういや正式にはライフステップバンだったなとか思いつつ
案内された席に着くとテーブルにライフのステッカーが貼ってある。

手持ち無沙汰なファミレスの待ち時間、ぜひとも新型ライフを
みなさまとの話題にしてくださいねというような狙いでしょうか。
帰り際に見回すとレジカウンターの上にリーフレットが置いてあり、
「お近くのホンダディーラーへ」とのお誘いが。

...ひさしぶりに有効な広告宣伝というものを見せられた気がします。
願わくばお持ち帰りできるカタログも用意しておいてほしかったです。

期待していなかったけどマニュアル車の設定は無いようなので、
いちばん安い素のCタイプでソリッドの白を選び
乗り倒すのが自分に合っていると思われます。


4000円差

約20年ぶりでフルフェイスの4輪向ヘルメットの購入を
前向きに検討しております。

もちろん試着をせず&中古は買う気になれません。
同種同サイズで4000円の価格差があるのは大きいです。
ついでに上位モデルとの価格差が微妙で悩ましいです。

どこかに「全国共通レーシンググッズ商品券」とかないですか?


グッドアイデア

カングーもそうですが、最近は燃費計を標準装備した
新車がずいぶんと増えてきました。
あ、標準装備とか言っていますがオプション設定であるというのは
あまり聞いたことないですね。

で、カングーの場合も瞬間燃費だったり
任意の地点からの燃料消費量なんかをズバッと表示してくれます
(始動時に異常が発生してディスプレイがフル点灯とかしなければ)。
ガバッと踏んだらドバッと数値が悪化するのがすぐわかるわけですから、
たしかにアクセルワークに気を使う効果は確実にありますね。

どうでしょうか、もっとこう生々しく身につませるように
金額を表示させるようなプログラムを積んでみてはいかがかと。
ナビの電話番号設定みたいな感じで燃料の単価を入力しておくと、
画面にデカデカと「30円」とか出る。
アグレッシブに峠を攻めたりすると「525円」とか出る。

さぁどこかの自動車メーカーのもしくは部品メーカーさん、
このアイデアなんぼでこうてくれるか?


半減

たぶんまる半年ぶりで、嫁の軽自動車の
応急用スペアタイヤのエア調整を行いました。
指定4.2kgfのところ、入っていたのは2.0kgf。

愛想のいいガソリンスタンドのお兄さんも
「よくこんなところまで」みたいな表情で見てましたが、
いつなんどき必要になるかわからないですからね。

あ、最初の新車で購入した某クルマ、走行7000キロで
左のフロントタイヤのショルダー部分をどこかで切ってしまい、
新車装着と同じタイヤ(確かBSのSF-213だった記憶が)を
オーダーして交換しましたね。

予想外の結果

7年ぶりに乗ったレーシングカート
ある程度のストレッチっぽいものをして挑みましたが
筋肉痛に見舞われるであろうとことは覚悟していました。

で、1日おいてきょう、予想通り上腕二頭筋と三角筋が痛いです。
一方、予想外に前鋸筋と大円筋と小円筋のあたりも痛いです。

いくらなんでもこんなはずでは...。


ちょっとだけ先取り

正式発売まであとちょっとに迫りましたが、乗ってきました。

スパークオレンジメタリック

新型トゥインゴです。
晩秋のこの時期、スパークリングオレンジは似合ってますね。

当初の予定から変更になって素のモデルになりましたが、
大変楽しませていただけました。
排気量は1.2L、車両重量1トンを切っているとは思えない
しっとりした乗り味、当たりの良いシートの感触とともに満足です。
個人的にはステアリングの握りごこちとウインカーの作動音に萌えました。

「素のモデルにシートリフターとグラスルーフをつけて
普通の3ペダルのマニュアルトランスミションを積んだ仕様」が
実際の購入時には選ばれるのかと思います。
ないものねだりである。

あ、肝心のカングーの警告灯フル点灯問題ですが、
「そんな事例はいままでにない」ということで
撮った画像をルノージャポンに送って調査することとなりました。

...ニヤリ。


7年ぶり?

高校時代はガソリンスタンドでのバイト代の
約半分を注ぎ込み(もう半分は書籍代)、
ついでに燃料の現物支給という名のサポートを受け
それなりにやっていたレーシングカート。

社会人になってからは同僚と近県のレンタルカートコースを巡り
それなりにブイブイ言わせていたのですが、
なんだかんだでここ7年ほど(ブランク長し)ご無沙汰でした。

で、用足しに向かう途中に某レンタルカートコースがあることを知り、
勝手のわからない初コースに飛び込んでみました。

田んぼの真ん中に出現

組み合わせのタイミングか大変レベルの高い組に混ぜられてしまい、
ちょっと勘を取り戻しながら...とかのんびり構えていたら
オープニングラップからぶち抜かれて凹みましたが。
もちろんキレイに抜かせたのは言うまでもない。

カート経験者でコースが初めての場合の平均タイムは45秒ぐらいだそうで、
10周走行でのベストタイムが39秒中盤を出せたのはボチボチでしょうか。
直後にトップクラスは36秒台というのを聞いて凹みましたが。

入会金のみで永年無料ということで一般会員になったので、
また足を運ぶ機会があると思います。
次は38秒台を狙ってみます。

ただ、調子に乗って通っていると「中古の程度のいいカートが買えていた」
ということになりかねないので、購入も検討したいところです(問題発言)。
高校のときと違ってトランポに苦労しない立場にはなれたな。


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。